千葉ロッテ・梶原広報の広報術(前編)

2018-05-28 12:34 「パ・リーグ インサイト」武山智史
グラウンドで笑顔を見せる梶原広報【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

グラウンドで笑顔を見せる梶原広報【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

球団が発信しなければ今後生き残れない

「球団が発信しなければ今後生き残れないと感じます」

昨年1月の記事「千葉ロッテ『広報カメラ』の仕掛け人に聞く」にて千葉ロッテ広報・梶原紀章氏は球団広報の役割についてこう語っていた。そんな梶原氏はどのような思いでファンに情報発信をしているのか…。前編は梶原氏が得意とするコラム執筆について聞いた。

梶原氏は元スポーツ紙記者という前職を生かし、様々なネットメディアで球団、選手についての記事を執筆している。地元・千葉日報では連載コラム「千葉魂」を持ち、2月の春季キャンプ期間中は毎日コラムを2本執筆した。「2月のキャンプは野球ファンに対して見本市のような時期。新しい魅力、期待感を煽るためにあえて自ら積極的な情報発信を心がけました。少しでも新生井口マリーンズに希望、ワクワクするような期待を持ってもらい球場に足を運んでもらいたいという戦略の下です」と振り返る。

コラムの内容はどのようにして浮かぶか

以前から梶原氏は球団発行の「マリーンズマガジン」や、西村徳文監督時代には球団携帯サイトに「七転八起」と千葉ロッテファン向けの媒体で情報発信をしていた。それが2014年、千葉日報を皮切りにネットメディアを中心に活躍の場を広げる。そこにはどんな意図があったのだろうか。

「インターネットを幅広い年齢層が見るようになったのが大きいです。情報が広まりますからね。コラムを書く上で常に意識しているのは『Yahoo! トピックス』にアップされること。Yahoo!のトップに出れば相当の人が見るじゃないですか。野球ファンじゃないスポーツファンや、スポーツに興味のない人にも読んでほしいという思いでやっています」

「地元・千葉県民の方々に千葉ロッテの情報を定期的にある状態を作る狙いがあった」という千葉日報の「千葉魂」はシーズン中、毎週火曜日に掲載されている(シーズンオフは隔週掲載)。梶原氏が大事にしているのは「情報の鮮度」だった。

「締め切り間近になって、すぐ頭に浮かんだことを記事にしています。『今週はこの選手を書こう』とあらかじめ決めつけないですね。最初に浮かんだイコール、一番面白かった出来事じゃないですか。『千葉魂』については鮮度が第一です。毎年開幕前に前年の記事が書籍化されていますが、うれしいですよね。ファンにとっても読むことで前のシーズンを思い出し、『今年も応援しよう』となりますから。シーズン中はチームに感情移入してもらい、より観戦を楽しんでもらうために書いています」