元プロ野球選手のセカンドキャリアを追う 元千葉ロッテ・古谷拓哉氏の場合

2018-06-04 21:00 「パ・リーグ インサイト」武山智史
球場前でのイベントに参加する古谷氏【撮影:武山智史】

球場前でのイベントに参加する古谷氏【撮影:武山智史】

4月12日、千葉ロッテ対埼玉西武の試合開始約3時間前のZOZOマリンスタジアム。球場外のPRブースで細身の男性がガラポン抽選器にボールを次々と入れていく。ネクタイ、ワイシャツの上にユニホームを着込み、足元は革靴、メガネを掛けたその男性は昨年まで千葉ロッテの選手としてプレーしていた千葉ロッテ営業部の古谷拓哉氏だ。

日本通運から2005年の大学・社会人ドラフト5巡目で千葉ロッテに入団。2013年には左腕から放たれるキレのある直球を武器に、先発の一角を担い9勝をマークした。特に同年6月26日のオリックス戦では9回2死までノーヒットノーランを続ける快投を見せている(結果は1安打完封)。翌2014年も7勝を挙げるが、昨年は一軍出場なしに終わり、戦力外通告を受け現役を引退。球団からは球団職員としてチームに残ることを打診され、今年1月から営業部で勤務している。

この日の試合はサプリメントなど健康食品を扱う企業「医食同源ドットコム」が試合を協賛し、「ISDG 医食同源ドットコムサプリメントナイター」と銘打たれていた。古谷氏にとっては初めて企画から携わった営業案件であり、この日はPR大使という任務も任されていた。

現役を退いたばかりということもあり注目度は高い【撮影:武山智史】

現役を退いたばかりということもあり注目度は高い【撮影:武山智史】

球団職員としての仕事は

球団職員として見たスタジアムの光景は、現役時代とは異なるものだった。

「一番の感想は『こんなたくさんの人たちが現場を支えてくれていたんだな』というものでした。現場では出会うことのない方々がたくさんいました。本当に細かいことまで一人一人が考え、作り、仕上げていく。そしてそこに本当に沢山の人が関わっている。『沢山の人たちが支えてくれていてチームや選手としても自分がいる』とは分かっているものの、なかなか実感がわかなかったのも正直なところでした。試合中、スタジアムの外周であんなに早くからお客さんが来ていて、沢山の出店も出ていたなんて、オープン戦が始まって初めて知りました。試合前後はスタジアムの外に出たことが無かったですから」

医食同源ドットコムとのつながりは、現役時代につながりのあった経営者からの紹介だった。そこから協賛ナイター実現まで、古谷氏にとっては初めての経験が続いた。

「最初はメールのやりとりや企画書作りに始まり、言葉の伝え方にも苦労しました。商材もしっかり把握して説明しなければならない。色々な質問も来ました。私一人だけではなく、大勢の方の連係があってここまで来ましたね。良い経験をすることができました」