6連勝から一転、連敗中の福岡ソフトバンク。自身4連勝中の千賀投手はチームの連敗を止められるか

2018-06-08 09:34 「パ・リーグ インサイト」編集部

6月8日、18時からナゴヤドームで行われる中日と福岡ソフトバンクのカード初戦。福岡ソフトバンクは前カードの東京ヤクルトとの交流戦首位攻防戦でまさかの2連敗。交流戦首位の座から陥落した。再び首位に返り咲くために負けられないカード初戦。8日の試合の見どころを挙げていく。

【昨季対戦成績】
中日→1勝2敗、福岡ソフトバンク→2勝1敗

【中日】松坂投手 6試合、2勝3敗 32.1回 29奪三振、11失点 防御率2.51
【福岡ソフトバンク】千賀投手 6試合、4勝1敗 37.1回、46奪三振、10失点 防御率2.41

福岡ソフトバンクの先発は千賀投手だ。今季はここまで2度登録抹消されるなど、故障に苦しんでいた千賀投手。2度目の復帰登板となった6月1日の横浜DeNA戦では6回途中2失点の好投、自身4連勝を飾った。自身の5連勝を懸けて上がる8日のマウンドでも好投を披露できるか。

福岡ソフトバンク打線では柳田選手に期待したい。7日の試合では一時同点に追い付く14号ソロを放つなど2安打1打点の活躍を見せた。交流戦に入ってからやや調子を落としている柳田選手だがこの一発を機に調子を上げていけるか。8日の試合は柳田選手の活躍に注目したい。