埼玉西武と丸の内朝大学がフィールドワークを実施。球界の繁栄と発展へ、大切なことは身近に「楽しむ」をいかに増やすか

2018-06-08 17:00 「パ・リーグ インサイト」藤原彬
1日講師を務めた埼玉西武OBの石井丈裕氏と星野智樹氏【撮影:藤原彬】

1日講師を務めた埼玉西武OBの石井丈裕氏と星野智樹氏【撮影:藤原彬】

打って、走って、守って、投げて。「目一杯、身体を動かすのは本当に楽しい」。5月20日、日曜日の昼をまたいで埼玉県営和光樹林公園で行われた「野球遊び体験」の光景から、参加者の気持ちが伝わってきた。思ったように打球が飛ばなくても、差し出した手にボールが収まらなくても、プレー中は始終笑顔。丸の内朝大学(詳細記事はこちら)の「プロ野球の魅力再発見クラス ~みんなで楽しむプロ野球~」講座に組み込まれたフィールドワークでは、野球経験の有無を問わず、幅広い受講者が遊ぶ野球の魅力に直に触れた。

当日は準備体操に始まり、キャッチボールとバッティング体験が順に行われた。講師を務めたのは、ともに埼玉西武OBにして、現在はライオンズアカデミーで小・中学生に野球を教えている石井丈裕氏と星野智樹氏だ。正しいボールの投げ方や打ち方を指導する際は身振り手振り交え真剣な表情で、時に笑顔をこぼしながら指導を行った。

その後は実戦形式の「キャッチ&ランゲーム」を実施。打球を前に飛ばした打者が1塁への走路横に置かれたカゴにバットを入れれば1点が入り、ボールが相手捕手の手に戻るまでに進んだベースの数だけ得点が加算されるルールだ。走者は帰塁を考える必要がなく、ひたすら次のベースを目指す。このゲームは、野球の面白さを実感するために採用されることがある。

最後は講師2人が現役時代のエピソードや現在の指導理念などを披露して、プログラムが終了。受講した20代女性が「今までボールを前に投げることができなかったのに、コーチに教えてもらって真っすぐ投げられるようになって、楽しかった」と語るなど、石井氏と星野氏が心掛けた「野球の楽しさ」が伝わる1日になった 。

楽しむことに重きを置きながら実技指導もしっかり行う【撮影:藤原彬】

楽しむことに重きを置きながら実技指導もしっかり行う【撮影:藤原彬】