投打に精彩を欠いた悪い流れを断ち切る。北海道日本ハムの主将にかかる期待は大きい

2018-06-09 09:30 「パ・リーグ インサイト」編集部

6月9日、横浜スタジアムで14時から行われる横浜DeNA対北海道日本ハムの交流戦。8日の試合は打線が5安打2得点に抑えられ、カード初戦に敗れてしまった北海道日本ハム。デーゲームとして行われる第2回戦の見どころを挙げていく。

【今季対戦成績】
横浜DeNA→1勝0敗、北海道日本ハム→0勝1敗

【横浜DeNA】濱口投手 4試合、0勝0敗 19.1回、24奪三振、9失点 防御率3.72
【北海道日本ハム】村田投手 7試合、3勝1敗 35.1回、23奪三振、13失点 防御率3.31

北海道日本ハムの予告先発は村田投手と発表されている。前回登板では、古巣・巨人相手に7回途中7奪三振2失点と好投し、4試合ぶりに白星を挙げた。横浜DeNAとは初対戦となる。村田投手らしい落ち着いた投球で試合を作りたい。

8日の試合は北海道日本ハム打線の元気がなかった中で、主将の中田選手がチーム唯一の2安打と意地を見せた。9回表は横浜DeNAの守護神・山崎投手から二塁打を放ち、アルシア選手の適時打を呼び込んでいる。9日の試合でも頼もしさを発揮するとともに、横浜DeNA・筒香選手との4番対決にも注目だ。