プロスポーツの現場で働くってどうなの? 転職組が打ち明けた、ここだけ「ホンネトークVOL.01」

2018-06-21 12:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

5月25日に開催された国内初のスポーツ業界合同中途採用イベント「パ・リーグ キャリアフォーラム」(詳細はこちら)では、スポーツビジネスに携わる出展15社が壇上でプレゼンテーションを行い、各個社ブースでは参加者へ説明会と個人面談の場が設けられた。また、それだけではなく、様々な業界からの転職者がスポーツ業界へ入って感じた胸の内を語る対談形式の「ホンネトーク」が行われている。登壇した、いわば“先輩社員”のリアルな声に、参加者が耳を傾けた。

――今回はスポーツ業界へ転身された4名の方に、ご登壇いただきました。まずは簡単に自己紹介をしていただけますでしょうか。

柳下堅志氏(株式会社北海道日本ハムファイターズ):現在、コンシューマービジネス部マーチャンダイジンググループに所属していまして、北海道日本ハムグッズの企画、仕入れ、販売部署のマネジメントを担当しています。転職して3年が経ち、現在39歳です。前職は飲料メーカーの販売会社に勤め、設備投資、物流、購買の仕事をしていました。

清田和大氏(株式会社埼玉西武ライオンズ):所属は事業部事業企画グループで「新しいものをやっていこう」という部署です。主な業務としては、ファンクラブCRMの企画や市場調査、アンケートなどのマーケティングリサーチ、レポートなどの分析業務です。前職は外資系の小売業で、一つのブランドの売り上げを最大化していました。

山本桂司氏(浦和レッドダイヤモンズ株式会社):損害保険系の会社に14年間勤めて、浦和レッズは3年目になります。現在はパートナー営業部という部署で、スポンサー営業が中心の業務です。

辻彰徳氏(パシフィックリーグマーケティング株式会社):セールス&マーケティングという部署でディレクターをしています。要は企画営業職で、BtoBのセールスがメインです。前職は新卒で新規事業のウェブ広告営業を担当していました。