12球団トップは鷹・柳田の36万票超 埼玉西武菊池も先発投手首位守る…球宴ファン投票

2018-06-11 17:44 「Full-Count」編集部
福岡ソフトバンク・柳田選手【写真:PLM】

福岡ソフトバンク・柳田選手【写真:PLM】

福岡ソフトバンク・柳田は36万票超、埼玉西武の秋山も30万票超え  

日本野球機構(NPB)は11日、「マイナビ オールスターゲーム2018」のファン投票中間発表を行い、セ・リーグ先発投手部門では中日の松坂大輔投手が1位をキープした。松坂は8日に昨季まで3年間在籍した福岡ソフトバンクを相手に先発。5回3安打1失点で古巣から今季3勝目をマークしたインパクトもあり、2位の菅野智之投手との差は最大の2万6073票差に。独走態勢に入りつつある。

パ・リーグ先発投手部門では埼玉西武の菊池雄星投手がトップ。その差を3687票に広げた。12球団トップ得票は変わらず福岡ソフトバンク・柳田悠岐外野手で36万6267票。埼玉西武の秋山翔吾外野手も30万票を突破し、30万3384票としている。

5月22日からスタートしたファン投票受付は、6月17日が投票締切となる。