通算300勝の鷹・工藤監督 復帰即2安打1本塁打の内川は「さすがですね」

2018-06-16 19:39 「Full-Count」藤浦一都
福岡ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

福岡ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

デスパイネも特大弾放ち、指揮官「3、4、5番が揃ったことで」

福岡ソフトバンクは16日、本拠地ヤフオクドームでの広島戦で、鮮やかな逆転勝ちを収めて連勝した。4カード振りの勝ち越しを決めるとともに再びリーグ3位に浮上し、工藤公康監督は監督通算300勝の節目の一勝をあげた。

2点ビハインドで迎えた6回にデスパイネの犠飛で1点差に迫ると、続く7回に代打・長谷川勇也が同点打を放つと、中村晃の犠飛で勝ち越し。さらには、右膝痛などからこの日復帰した内川聖一のダメ押し2ランで一挙に4点を奪ってリードを広げた。さらに8回にはデスパイネが超特大のソロを放って、ヤフオクドームの半分を真っ赤に染めたカープファンを沈黙させた。

前日に1軍昇格を果たした長谷川勇に続き、この日から内川が1軍復帰。その2人がしっかりと結果を出して勝利に貢献した。工藤公康監督は「6回に満塁から1点取って、あの1点で相手ベンチがピッチャーを代える決断をしたと思います」と7回から継投策に出た広島ベンチの動きを分析。そのうえで7回の逆転劇について「点が欲しい時に、相手にとってショックな点の取り方をしてくれたというのは、チームも盛り上がりますし、明日にもつながると思います。いい勝ち方ができたと思います」と語った。

1軍復帰で即結果を出した内川には「さすがですね。ヒットを打って、ホームランを打って(復帰前の2軍戦と)同じような結果を残してくれるのは、いいリハビリとコンディショニングができたということ。これを続けていってくれたら」と改めて敬意を示した。

内川の復帰とともにデスパイネも特大弾を含む2打点を挙げ「3番、4番、5番が揃ったことで、どこからでもチャンスができて得点ができる。(柳田悠岐にとっても)少し気持ち的に楽になると思います。『自分が』ではなくて『次の人へ』という意識が高くなれば、冷静に打席で対処できるようになると思います」と打線の復調に手応えを感じた様子だった。

先発のバンデンハークは7回2失点で5勝目。「初回の不運な失点はあったけど、自分の仲で修正もできていたし気持ちのこもった球を投げていたと思います。前回も不運なところがあったけど、今日こうして勝てたことで次回もこのようなピッチングをしてくれたらと思います」と工藤監督は話していた。