二軍で課題と向き合い虎視眈々と出番を待つ千葉ロッテ・唐川侑己投手

2018-06-17 19:15 「パ・リーグインサイト」岩下雄太

29歳、プロ11年目のシーズンを迎えた

将来の“エース候補"として期待された千葉ロッテ・唐川侑己投手も今年の7月で29歳、プロ11年目を迎えた。若手から中堅と呼ばれる年齢となり、同学年の巨人・菅野智之投手、広島・野村祐輔投手はチームのエースに成長。唐川投手も本来であれば、その座にいてもおかしくない存在だが、現在は二軍で再昇格を目指し、黙々とトレーニングを積んでいる。

持っている能力は非常に高く、高卒1年目の2008年4月26日の福岡ソフトバンク戦で、平成生まれのプロ野球選手として勝利投手第1号、3位から日本一となった2010年の日本シリーズ第4戦で平成生まれでは初となる先発、2011年には自身初の2桁12勝、2017年シーズン終了時点で65勝をマークしている。

プロ11年目の今季は開幕を二軍で迎えた。二軍戦で5試合に登板し、昇格前最後の登板となった4月13日の東京ヤクルト戦では、力強いストレートを中心に1イニングを無失点に抑え、4月18日のオリックス戦で満を持して一軍の先発マウンドに上がった。

唐川投手はスコアボードに0を並べ、5回までパーフェクトに抑える完璧なピッチングを披露。最高のスタートを切るかのように思われたが、6回に突如崩れ、この回だけで5安打を浴び4失点で敗戦投手となった。

その後に先発した4月28日の北海道日本ハム戦、5月5日の北海道日本ハム戦も、ゲームを作りながら、もったいない失点が目立った。二軍で再調整となってからも先発した5月29日の東京ヤクルト戦は初回に3点を許した後、2回から7回まで無失点、6月8日の楽天戦は6回まで無失点に抑えながら7回に失点し途中降板した。

唐川投手が語る自身の課題点は

唐川投手本人も「要所で取られることが多い。今年に関しては、ほぼそれなので…。そこが結果として大きく現れるところなので、課題です。6月8日の楽天との二軍戦も、イニングの途中で降りたり、ちょっと詰めの甘い部分があった」と自身の課題点を自覚する。

課題を克服するために「意識の問題だと思うので、ピッチング、キャッチボールから意識しています」と工夫を凝らし、「(試合中も)セットポジションになって1球のミスが打たれて、点が絡むことがあるので意識しています」と失投を防ぐために、マウンド上では常に危機感を持っている。

開幕からストレート、変化球ともに素晴らしいボールを投げており、突然乱れることがなくなれば、十分上で通用する力がある。今季一軍初登板となった4月18日のオリックス戦でストレートはMAX146キロを計測し、6月8日の楽天との二軍戦では枡田慎太郎選手をインコースのスライダーでバットをへし折り、アマダー選手には緩急を自在に操り打ち取った。

唐川投手は「(ストレートは)ずっと状態は良いと思います」と手応えをつかみ、「上でも良いピッチングができるイニングがあり、全体的にはそんなに悪くないのでそういった意味でも手応えはありますけど、要所で点を取られて結果を残すことができなかった」と自己分析する。

春季キャンプ前は先発ローテーションがほぼ横一線の状況からのスタートだったが、現在は石川歩投手とボルシンガー投手がチームトップの7勝、涌井秀章投手が4勝、シーズン途中に先発へ転向した有吉優樹投手も2勝を挙げている。残りのイスを状態の良い投手が、起用されていくことになりそうだ。

唐川投手は「結果を残さないと上にはあがれないと思います」と勝負の世界に身を置いて11年、結果のみが求められていることは十分に理解している。ただ「自分で結果を欲しがりすぎたら、前のめりになってしまっては良くないと思います。自分がやるべきことをしっかり考えて、それをしっかりこなしていくことが大事。それの積み重ねなんじゃないかなと思います」と現状の自身の課題と真摯に向き合い、虎視眈々とその出番を待っている。