『インクレディブル・ファミリー』声優に挑戦! アフレコ現場レポート【安達選手・中田選手・鈴木選手】

2018-06-21 11:00 「パ・リーグ インサイト」馬塲呉葉

都内某所のスタジオ。普段なら硬球を握る手に、分厚い「台本」を持って。普段ならば球団指定の帽子かまたはヘルメットを被る頭に、「ヘッドホン」を装着して。グラウンドから夢と感動を届ける一流プロ野球選手が、今回はその「声」で魅せてくれた。

この度、8月1日(水)公開のディズニー/ピクサー映画『インクレディブル・ファミリー』のひと言声優に、パ・リーグ球団の6選手が挑戦した。プロ野球選手がディズニー/ピクサー映画の声優を務めるのは、もちろん史上初のことである。

『インクレディブル・ファミリー』は、今夏、パ・リーグ本拠地球場で開催されるイベント「パ・リーグ親子ヒーロープロジェクト」のテーマ作品。本作のヒーロー家族にちなんで、パ・リーグを代表するヒーロー選手6人が、声優として起用されることとなったのだ。

今回、ひと言声優に挑んだのは、北海道日本ハムの中田翔選手、楽天の高梨雄平投手、埼玉西武の山川穂高選手、千葉ロッテの鈴木大地選手、オリックスの安達了一選手、福岡ソフトバンクの柳田悠岐選手。では、彼らの人生初のアフレコ現場に密着した「パ・リーグインサイト」編集部が、その模様を詳しくお伝えしよう。

オリックス・安達選手の場合

パ・リーグ屈指のショートストップ・安達選手は、球界きってのディズニーファンである。ひと言声優のオファーがあったときは「うれしかったです。即やりたいですって言いました」とのこと。ただ当日、収録前の自己紹介で「オリックス・バファローズ」と『インクレディブル・ファミリー』を噛み倒し、「やばい、やばい…(笑)」。

本番直前の安達選手。緊張した面持ち

本番直前の安達選手。緊張した面持ち

しかし、いざ収録となるとさすがだった。安達選手のセリフは6選手の中でもっとも長く、声量も必要で、もはや「ひと言」声優とは言い難いほど。さらに「プロでも難しい」というタイミングだったにもかかわらず、一発目からなかなかのうまさ。何より恥ずかしがらず、思い切り弾けてくれた。

監督から、シチュエーションや距離感を意識するように指導され、何度も声を張り上げつつ、かけられるひと言ひと言に「はい!」としっかり返事していた姿が印象的だった。「腹筋があるから声が出ますね」というのはディズニースタッフのひと言である。

ちらっ

ちらっ

収録後は「楽しかったです。良い経験できました」と笑顔。自身の声が入った映画を「自分のことを知っている人全員に観てもらいたい」ということなので、存在感抜群の安達選手の声を確かめるため、ぜひとも劇場に足を運んでほしい。