【特別インタビュー】「選手が考えて自分の意思で動くところは変えずにいきたい」。埼玉西武・辻発彦監督が語る(前編)

2018-07-03 06:00 氏原英明
自主性を促してチームの最大化を図る【写真提供:埼玉西武ライオンズ】

自主性を促してチームの最大化を図る【写真提供:埼玉西武ライオンズ】

春先に見せた埼玉西武の快進撃は、今季のパ・リーグ序盤戦におけるトップトピックとなった。元来、選手個々の潜在能力の高さには定評のあったチームだが、主力選手の退団もあり、下馬評は必ずしも芳しいものではなかった。指揮官は、いかにしてチームを引き上げたのだろうか。今季の戦いから勝負の後半戦へ向けた展望、そして、それらの根幹にある指導理念まで。今回のインタビューでは、獅子を率いる辻発彦監督の胸中に迫った。

理想の野球を体現した序盤の戦い

開幕から1カ月の間で積み上げた貯金の数は「14」。現在、リーグ首位を行く埼玉西武ライオンズは開幕ダッシュに成功し、ペナントレースをリードしている。

「4月までの1カ月で14個も貯金ができたというのは異常なくらいで、私としてもびっくりしています。先発投手陣が頑張ってくれていたし、打線もチャンスの時の集中力があって、たくさんの得点を取れた。投打とも素晴らしかったです」

埼玉西武を指揮して2年目になる辻監督は衝撃の1カ月をそう振り返った。戦前の埼玉西武がこれほどの開幕ダッシュをすると予想していた人は、そう多くはいなかっただろう。

野上亮磨投手(巨人)、牧田和久投手(パドレス)、シュリッター投手(ドジャース・マイナー)が活躍の場を求めて移籍した。先発、中継ぎともに頭数の計算が立たない状況での開幕は、苦戦を予想させた。加えて、開幕してからエース・菊池雄星投手の体調面に問題が生じ、スタート時の展望は決して明るくはなかった。

ところが、菊池投手が先発した試合に象徴されるように、投手が苦しいときは打線がカバーした。エースが崩れても、打線が打ち返す。開幕から6月29日の楽天戦まで、菊池投手に敗戦がつかなかったのは得点力の高さによるものだ。

菊池投手が先発する試合だけでなく、なるべく序盤から主導権を握って楽な展開に持っていく。大量得点を取るゲーム運びをすることで投手陣の負荷を軽減する戦い方は、投打のかみ合わせをいい方へと導いた。

やはり、シーズン序盤のチームを支えたのは得点力だ。投手力の不安をカバーするというほどの打線は「出来過ぎなところもある」と選手たちは口にしていたが、ホームランに頼るのではない多彩な攻撃が多くの得点を生んだ。

例えば、打率・出塁率ともにリーグトップを争う1番の秋山翔吾選手が出塁しても、2番の源田壮亮選手は日本特有のスモールベースボールにありがちな犠打をするという決まりきった攻め方をしない。1点を狙う野球をするのではなく、多くの得点を重ねていくスケールの大きい野球を目指している。辻監督は言う。

「こっちの先発と相手の投手を比較して、僅少差になりそうだったら、1回からバントも考えなくちゃいけないだろうし、3、4番の調子次第でも作戦は変わる。でも、今はそういう確実に送る野球をする時代じゃないんじゃないですかね。うちには源田、外崎(修汰)、金子侑司という盗塁ができる選手がいる。彼らが出塁したり、走者を一塁において凡打をしても走者に残ることができれば、盗塁をして送った形にできるわけですから。その強みがあるのは大きい」