【特別インタビュー】「こういう時にこそチームは生まれ変わるもの」。埼玉西武・辻発彦監督が語る(後編)

2018-07-08 06:00 氏原英明
チームの好不調の波にも動じずに先を見据える【撮影:藤原彬】

チームの好不調の波にも動じずに先を見据える【撮影:藤原彬】

梅雨が明けて、プロ野球は折り返し地点を迎えようとしている。埼玉西武の一人旅となりそうな様相を見せた序盤戦から一転、パ・リーグのペナントレースは予断を許さない状況が続く。今季に駆けた道すがら、獅子は長所だけではなく短所も露呈した。立て直しが必要な状況にあって、チームの黄金期を知る指揮官の戦いもまた、佳境へと突入する。だが、その胸の内は焦燥以上の期待に占められているようだ。生みの苦しみは、一層のレベルアップを図る上で必要な要素なのだと、百戦錬磨の経験が告げている。

経験不足を補うためには継続的な成長が不可欠

パ・リーグ首位を行く埼玉西武の勢いに陰りが見え始めている。

リーグ屈指の打率と盗塁数で高い得点能力を誇った埼玉西武は、開幕から5月上旬までリーグを独走。得点力の高い打線に投手陣が支えられ、投打が見事にかみ合っていたが、交流戦前の5月25日からの対北海道日本ハム3連敗を境に勢いが衰えた印象だ。

試合終盤に同点、あるいはひっくり返される試合が増え、接戦で終盤を迎えると脆さを露呈する試合が散見されるようになったからである。

その北海道日本ハムとの3連戦はエースの菊池雄星投手が左肩の機能低下によって抹消中したこともあってカードの初戦を落とすと、2戦目は多和田真三郎投手が6回3失点とゲームは作りながら、延長10回に勝ち越された。翌日は6点を先行しながら、先発の榎田大樹投手が4回5失点で降板。前倒し継投で逃げ切りを図ったが8回に同点に追いつかれ、9回から増田達至投手が前日に引き続いて2イニングに登板したものの、延長10回に勝ち越しを許して敗戦投手となった。

終盤3イニングを担当していた武隈祥太投手、ワグナー投手、増田投手が極度の不振に陥った。交流戦中に武隈投手とワグナー投手は抹消。リーグ戦再開後に増田投手を配置転換し、先発として5勝を挙げていたカスティーヨ投手をクローザーに据えるなど、試行錯誤は続いている。

このまま埼玉西武は失速してしまうのか。投打の歯車が狂ったチーム状況には不安がよぎるが、辻監督は「こういう時にこそチームは生まれ変わるもの」と冷静に語っている。今後の浮沈のカギを握るのは救援陣であることは間違いないが、指揮官にはチームの投手陣に期待するものがあるようだ。

「本来の力ではなかった雄星を5月6日に登録抹消したけど、エースが抜けたことで、野手は打たないといけないと気持ちをひとつにして戦った。また、先発投手では多和田や十亀剣が柱になろうとして頑張ってくれた。エースが抜けたり、救援陣の不調は苦しいけど、こういうときには必ず若い選手にチャンスが来るんですよ。若い力が何かちょっとしたことで自信をつけるいい機会になる」

辻監督はシーズンはじめから完成したチームだとは思っていない。昨季2位に入ったとはいえ、まだまだ発展途上のチーム。たくさんの経験を積むことで強くなっていく。「日本シリーズに何回も出ている福岡ソフトバンクや北海道日本ハムと何が違うって経験」と辻監督は、こう続ける。

「正直に言うと、去年は(優勝ではなく)クライマックスシリーズ進出を目指していました。それで戦いながら2位に照準を変えました。しかし、今年は違う。僕も経験あるから分かるんですけど、首位にいるというのは意外にキツイんです。今年は開幕から首位に立って昨年と違う経験ができているから、選手たちにはこれまでと違った新しい気持ちが芽生えていると思うんです。そういう経験はチームが大きくなるきっかけになると思う」