城島、里崎…“強打の捕手”は現れるか? 混戦パ・リーグの捕手事情

2018-07-08 13:05 「Full-Count」広尾晃
埼玉西武・森友哉【写真:荒川祐史】

埼玉西武・森友哉【写真:荒川祐史】

埼玉西武・森友哉が8本塁打でトップ

7月7日の千葉ロッテ-北海道日本ハム戦では、千葉ロッテの8番・田村龍弘捕手が中前打、左二塁打と2安打を放った。捕手が打撃で貢献すると、チームの士気は上がる。しかし、今のNPBでは打てる捕手が現れていないのが現実だ。

7月7日時点で20試合以上マスクをかぶっている捕手の打撃成績を見ていこう。試は通算出場試合数。捕は、捕手としての出場試合数。

○福岡ソフトバンク
甲斐拓也 63試63捕152打35安4本17点 率.230
高谷裕亮 30試30捕30打4安1本2点 率.133

○埼玉西武
森友哉 69試39捕243打70安8本43点 率.288
岡田雅利 28試27捕52打17安2本5点 率.327
炭谷銀仁朗 25試25捕76打21安0本7点 率.276

○楽天
嶋基宏 69試69捕186打36安0本15点 率.194

○オリックス
若月健矢 56試56捕121打22安0本13点 率.182
山崎勝己 48試46捕57打13安0本4点 率.228
伏見寅威 33試20捕50打13安0本5点 率.260

○北海道日本ハム
清水優心 49試47捕120打21安5本13点 率.175
鶴岡慎也 52試45捕123打35安2本12点 率.285

○千葉ロッテ
田村龍弘 76試76捕229打56安1本15点 率.245

福岡ソフトバンクは開幕前には、捕手の故障者が相次ぎ、育成の堀内汰門を支配下登録し、北海道日本ハムから市川友也を獲得するなど慌ただしい補強を行ったが、開幕してからは甲斐拓也が昨年に続いて正捕手。打撃も捕手としてはまずまずの成績だ。

埼玉西武は昨年、12試合しかマスクを被らずDHや外野への転向も検討された森友哉を、オープン戦から捕手として起用。開幕後も捕手として39試合に出場している。打者としては主に5番に座っている。昨年の正捕手炭谷、2番手だった岡田は出場機会が減っているが、3人ともに打撃好調。現時点の埼玉西武には「捕手の貧打」の問題はない。

楽天は近年出場機会が減っていたチームリーダーの嶋が、今季はほとんどの試合で先発マスクをかぶっている。しかし打率は2割を切っている。

オリックスは若月健矢、山崎勝己、伏見寅威を併用しているが、打撃や守備で一長一短があり、正捕手を決めるには至っていない。

北海道日本ハムは、正捕手の大野奨太が中日にFA移籍、市川友也も福岡ソフトバンクに移籍。若い清水を正捕手に育てようとしている。清水の補佐としてベテランの鶴岡を福岡ソフトバンクから復帰させた。打撃では、鶴岡に一日の長があるようだ。近藤健介は今も捕手登録だが、今季は外野、DHで起用され、一度もマスクをかぶっていない。

千葉ロッテは江村直也、吉田裕太、田村龍弘らが"ポスト里崎智也"の座を争っていたが、3年ほど前から田村が正捕手に定着。打率も.250前後とまずまずの成績を上げている。

こうしてみると、打てる捕手の存在がチームの浮沈に大きくかかわっていることがわかる。捕手に注目するとチーム状態が分かるともいえるだろう。