源田選手がミスター超え新記録。入団から221試合連続フルイニング出場

2018-07-11 21:35 「パ・リーグ インサイト」編集部

7月11日、メットライフドームで行われた埼玉西武と千葉ロッテの一戦。2番・遊撃手で先発出場を果たした埼玉西武・源田選手が入団から221試合連続フルイニング出場を達成し、長嶋茂雄氏(巨人)を抜いて歴代単独トップに立った。

この試合で源田選手は、自慢の俊足を生かした3本の内野安打を含む5打数5安打2打点の大活躍。チームも千葉ロッテに8対4で大勝し、前半戦を最高の形で締めくくった。