今季初出場の杉本選手が満塁弾。オリックスが前半戦をAクラスで終える

2018-07-11 21:42 「パ・リーグ インサイト」編集部

7月11日、楽天生命パークで行われた東北楽天とオリックスの一戦は、中盤で大量得点を奪ったオリックスが8対3で快勝。前半戦最後の試合を勝利で締めくくり、福岡ソフトバンクと同率のパ・リーグ3位に浮上した。

初回、東北楽天の先発・辛島投手は無失点に抑える上々の立ち上がり。一方のオリックス先発・金子千尋投手は制球が定まらず2つの四球を与えるが、後続を切ってなんとか無失点に。対照的な立ち上がりを見せた両先発は、3回までスコアボードに0を刻み、両チーム無得点のまま試合は中盤の攻防へ。

試合が動いたのは4回表だった。オリックスが3連打で1死満塁の絶好機を作ると、6番・武田選手が中前適時打。なおも満塁の好機は続いて、今季初出場の7番・杉本選手が1号満塁弾。オリックスが5連打で一挙5得点を奪い、東北楽天の先発・辛島投手をノックアウトした。

5回裏、東北楽天は1番・田中選手が6号3ランを放って2点差に詰め寄るが、6回表に2番手・古川投手が、オリックスの後藤選手に適時打を浴びて1失点。6対3とオリックスのリードは変わらず、試合は終盤に突入する。

7回表、オリックスは2死1,2塁から5番・伏見選手の適時三塁打でさらに2点を追加。8得点の大量援護をもらった金子千尋投手は、7回途中3失点でマウンドを降り、7回途中から吉田一投手、8回裏・山本投手、9回裏・澤田投手の継投でリードを守り切って試合終了。東北楽天とオリックスの前半戦最終戦は、8対3でオリックスが勝利した。