きょうペナントレース再開 後半戦“開幕”を託された各球団の先発投手は…

2018-07-16 15:17 「Full-Count」編集部
福岡ソフトバンク・千賀滉大と広島・ジョンソン【写真:藤浦一都、荒川祐史】

福岡ソフトバンク・千賀滉大と広島・ジョンソン【写真:藤浦一都、荒川祐史】

日本のプロ野球は大阪、熊本でのオールスターが終わり、16日からペナントレースが再開される。優勝争い、そしてクライマックスシリーズ進出のかかるAクラス争いは、ここからより一層激しさを増していくことになる。

パ・リーグは埼玉西武が首位に立ち、2.5ゲーム差で北海道日本ハムが追う展開。3位には福岡ソフトバンク、オリックスが並び、5位の千葉ロッテもゲーム差なし。埼玉西武から千葉ロッテまで6.5ゲーム差となっており、各球団が十分、優勝を狙える状況にある。

勝負のかかる後半戦。やはり各球団、幸先良くリスタートを切りたいところ。そこで各球団、後半戦の“開幕"を託された先発投手を、おさらいしてみよう。

【パ・リーグ】
千葉ロッテ 涌井秀章(15試合4勝6敗 4.09)

東北楽天 則本昂大(14試合5勝8敗 3.67)
(ZOZOマリン、17時開始)

オリックス 西勇輝(14試合5勝7敗 3.18)

北海道日本ハム 有原航平(12試合5勝2敗 5.74)
(京セラドーム、17時開始)

福岡ソフトバンク 千賀滉大(10試合6勝3敗 3.20)

埼玉西武 多和田真三郎(14試合9勝3敗 3.77)
(ヤフオクドーム、18時開始)

各球団が後半戦の鍵を握りそうな、チームの柱を先発に立ててきた。千葉ロッテと東北楽天は涌井、則本の両右腕の投げ合い。ともに前半戦は黒星が先行しただけに、仕切り直しを図りたい。北海道日本ハムの有原は前半戦、不振に喘ぎリリーフに配置転換もされただけに、こちらも後半戦にかける思いは強い。福岡ソフトバンクは前半戦、故障で度々登録を抹消された千賀。不甲斐ない前半戦だっただけに後半戦は離脱することなくフル回転したいところだ。