打順は意識せず。幕張が誇る安打製造機はどんなときでも“つなぎ”を意識

2018-07-17 17:51 「パ・リーグインサイト」岩下雄太

角中勝也選手は、千葉ロッテの打線において欠かせない存在だ。

今季は3月20日の埼玉西武とのオープン戦の守備で、『第12胸椎圧迫骨折』と診断され開幕に間に合わなかったが、5月11日の埼玉西武戦から一軍に昇格。同試合から打順は4番を任され、現在は5番に座りチームに勝利をもたらす一打を数多く放っている。

“機動力野球"を掲げるマリーンズ野球の中で、3番を打つ中村奨吾選手はチームトップの23盗塁をマークし、盗塁が非常に多い選手。中村選手が塁にいるときは、盗塁を頭に入れながら、相手投手と対峙しなければならない。本来ならば自分の打撃に集中したいところではあるが、角中選手は「スタートが良ければ、それを待つだけです」と、気にする様子はない。

4番打者、5番打者としてチームトップの17本塁打、60打点をマークする井上晴哉選手の前後で出場する試合が多いが、角中選手は「(井上)晴哉に関係なく、つなぐ意識は常に持っています」と自分で決めるのではなく、進塁打や安打などあくまで次につなぐ考えだ。

そんな中、交流戦では打率.412で自身2度目の交流戦打率トップ、さらに6月は打率.395、2本塁打、16打点の成績を残し、プロ12年目で初めて月間MVPを受賞した。

角中選手は「自分の状態が良かったというのもあるので、前のバッターであったり、ピッチャーがしっかりゲームを作ってくれたりしたので、打撃で好影響を与えたのだと思います」とチームメイトに感謝。

角中選手が月間MVPに輝いた6月はチームも14勝8敗と勝ち越し、月別では首位・埼玉西武、2位・北海道日本ハムを上回る堂々の1位。「この先もっともっと大事な試合がでてくると思う。そういうところで、引き続き1本打てるようにやっていきます」。4番打者として、そしてそれ以外の打順でも、価値ある一打を放っていくつもりだ。