ケガで棒に振った2年前のリベンジ。新エースは今年こそ優勝の美酒を味わえるか

2018-07-19 19:00 「パ・リーグ インサイト」望月遼太

F上沢 133球の熱投で4年ぶり完封勝利!!

故障を乗り越え、輝きを放ち続ける24歳の長身右腕にとって、2018年はまさにターニングポイントと呼ぶにふさわしい年だ。

北海道日本ハムの上沢直之投手が開幕から快投を続け、チームの新たなエースへと名乗りを上げている。球宴初出場をも果たした若武者は、「今のところすごくいい形で投げられているので、調子を崩さずにやっていきたいです」と、今後の登板をしっかりと見据えている。

若くして、2年以上に及ぶ苦難の道のり

専大松戸高校から2011年ドラフト6位で北海道日本ハムに入団した上沢投手は、3年目に先発陣の一角に加わると、23試合で8勝8敗、防御率3.19とブレイク。ポストシーズンでも先発登板の機会を得るなど、飛躍の1年を過ごした。

しかし、ここから上沢投手を待っていたのは、2年以上に及ぶ苦難の道のりだった。翌2015年は13試合5勝6敗、防御率4.18と成績を落とし、続く2016年は故障の影響でシーズンを棒に振ることに。球史に残る大逆転劇を演じ、リーグ優勝・日本一を飾ったチームに全く貢献することができず、1年が終わってしまった。

復活を期して臨んだ昨年、故障が癒えた上沢投手は徐々に本来のピッチングを取り戻していく。チームの不振もあって15試合の登板で4勝9敗と負け越したものの、防御率は3.44と上々の数字。この投球内容を球団側も高く評価していたようで、背番号「15」を背負うことになった。