釧路開催試合、いきなり千葉ロッテ・岡選手が「古巣」と対戦

2018-07-31 09:30 「パ・リーグ インサイト」編集部

7月31日、北海道日本ハムと千葉ロッテのカード初戦が、釧路で行われる。前カードを勝ち越した北海道日本ハムと、連敗中の千葉ロッテ。上位進出のためにも負けられない両チームはどのような試合展開を見せるか。31日の見どころを挙げていく。

【今季対戦成績】
北海道日本ハム→7勝7敗1分、千葉ロッテ→7勝7敗1分

【北海道日本ハム】有原投手 14試合、6勝2敗 68回、60奪三振、40失点 防御率5.03
【千葉ロッテ】石川投手 17試合、9勝4敗 115回、68奪三振、33失点 防御率2.43

北海道日本ハムの先発は有原投手。今季は千葉ロッテ戦に2試合登板し2勝を挙げているが、防御率4.05と相性が良いとは言えない。打線では、レアード選手に注目だ。オリックスとの3連戦で3試合連続安打、4打点を挙げる活躍。千葉ロッテ戦では打率.326と好相性だ。

対する千葉ロッテの先発は石川投手。前回登板では2回2失点で降板した。今季はここまで9勝を挙げているが、6月26日を最後に白星から遠ざかっている。石川投手を援護する打線では、トレードで加入した岡選手に注目だ。29日に登録されると、7番・中堅で先発。移籍後初安打はならなかったが、全打席で出塁した。

31日も先発出場が予想される岡選手。古巣の北海道日本ハムへの恩返しとなるような大活躍を、期待せずにはいられない。