今季初顔合わせのエース対決。絶好調の犬鷲が猛牛軍団に襲い掛かる

2018-07-31 09:32 「パ・リーグ インサイト」編集部

7月31日、オリックスと東北楽天の3連戦初戦が京セラドーム大阪で行われる。29日の試合で連敗を8で止めたオリックスと、後半戦9勝2敗と絶好調の東北楽天。対照的な両チームはどのような戦いを見せるか。31日の試合の見どころを挙げていく。

【今季対戦成績】
オリックス→6勝7敗1分、東北楽天→7勝6敗1分

【オリックス】金子千尋投手 15試合、4勝6敗 89回、65奪三振、40失点 防御率3.74
【東北楽天】則本投手 16試合、5勝8敗 111.2回、118奪三振、50失点 防御率3.87

オリックスの先発は金子千尋投手だ。前回登板は2本塁打を浴びるなどし、7回途中5失点で敗戦投手となっている。オリックス打線においてはロメロ選手が、29日の試合で2安打1本塁打5打点2盗塁の大活躍を見せたが、勢いそのまま31日もエースを援護できるだろうか。

対する東北楽天の先発は則本投手。前回登板では大きく崩れたが、今季オリックス戦では2試合に先発していずれも完投、うち1試合は完封、防御率1.00と相性の良さを見せる。ルーキーイヤーから続いている2桁勝利を継続させるためにも、そろそろ6勝目をつかみたい。

好調だった東北楽天打線は、29日の福岡ソフトバンク戦で3安打に抑え込まれ、完封負けを喫した。そんな打線の注目選手としては、田中選手の名前を挙げたい。5月半ばから調子を上げ、今では1番打者に定着している。対オリックスの打率は.417と好相性で、31日もそのバットに期待せずにはいられない。