今夏の甲子園出場校出身選手はパ・リーグに何人在籍?全選手をリストアップ

2018-08-06 21:35 「パ・リーグ インサイト」望月遼太

《THE FEATURE PLAYER》仙台育英高校・上林選手

第100回全国高校野球選手権記念大会が、5日から甲子園球場で幕を開けた。今大会は第100回記念大会ということもあり、出場校が56校に拡大。激戦区の県では2校が代表となる。

ここでは、今夏の甲子園に出場する全56校のOBたちの中から、現在パ・リーグに在籍している選手をリストアップ。すでに敗退した高校もあるが、大まかに6地区に分けて紹介するとともに、とりわけ存在感を放っている高校について言及したい。

北海道・東北

<北北海道:旭川大>
なし
<南北海道:北照>
吉田雄人外野手(オリックス)
齋藤綱記投手(オリックス)
<青森:八戸学院光星>
田村龍弘捕手(千葉ロッテ)
田城飛翔外野手(福岡ソフトバンク)
<秋田:金足農業>
なし
<岩手:花巻東>
菊池雄星投手(埼玉西武)
岸里亮佑外野手(北海道日本ハム)
千葉耕太投手(東北楽天)
<宮城:仙台育英>
上林誠知外野手(福岡ソフトバンク)
佐藤世那投手(オリックス)
平沢大河内野手(千葉ロッテ)
西巻賢二内野手(東北楽天)
<山形:羽黒高校>
なし
<福島:聖光学院>
横山貴明投手(東北楽天)
園部聡内野手(オリックス)
八百板卓丸外野手(東北楽天)

東北勢では多くの常連校が出場を決めたため、菊池投手、田村選手、上林選手ら主力を張る選手たちがリストに名を連ねている。仙台育英出身の4選手はいずれも高校時代からその才能が注目されていた逸材で、今季は上林選手に続いて平沢選手も若くしてレギュラーの座をつかみつつある。

東北勢初の全国制覇まであと一歩に迫った際のエースだったオリックスの佐藤投手、高卒新人ながら早くも一軍デビューを果たしている東北楽天の西巻選手とともに、今後はより一層の活躍が期待される。

関東

<茨城:土浦日大>
なし
<栃木:作新学院>
岡田幸文外野手(千葉ロッテ)
石井一成内野手(北海道日本ハム)
今井達也投手(埼玉西武)
<群馬:前橋育英>
髙橋光成投手(埼玉西武)
神戸文也投手(オリックス)
<北埼玉:花咲徳栄>
根元俊一内野手(千葉ロッテ)
若月健矢捕手(オリックス)
愛斗外野手(埼玉西武)
岡﨑大輔内野手(オリックス)
西川愛也内野手(埼玉西武)
<南埼玉:浦和学院>
豊田拓矢(埼玉西武)
坂本一将内野手(オリックス)
榊原翼投手(オリックス)
<東千葉:木更津総合>
なし
<西千葉:中央学院>
なし
<東東京:二松学舎大付>
なし
<西東京:日大三>
関谷亮太投手(千葉ロッテ)
吉田裕太捕手(千葉ロッテ)
山﨑福也投手(オリックス)
横尾俊建内野手(北海道日本ハム)
<北神奈川:慶應高校>
白村明弘投手(北海道日本ハム)
<南神奈川:横浜高校>
涌井秀章投手(千葉ロッテ)
髙濱卓也内野手(千葉ロッテ)
近藤健介捕手(北海道日本ハム)
淺間大基外野手(北海道日本ハム)
髙濱祐仁内野手(北海道日本ハム)
藤平尚真投手(東北楽天)
増田珠内野手(福岡ソフトバンク)
<山梨:山梨学院>
明石健志内野手(福岡ソフトバンク)

この中ではやはり、近藤選手や涌井投手をはじめ7人の現役選手を輩出している横浜高校の充実ぶりが目を引く。しかし、それに次ぐ5選手を送り出している花咲徳栄高校も、近年の躍進がそのままドラフト結果に反映されつつある格好だ。

若月選手や埼玉西武の若手2人のように、今後の飛躍に期待の持てる選手も多く、今後はプロでも多くの成功者を輩出していく高校となるかもしれない。

また、春夏通じて3度の全国優勝を経験している日大三高も、千葉ロッテでたびたび同学年バッテリーを組む関谷投手と吉田選手を含む4名を輩出。前橋育英高校と作新学院ではそれぞれ甲子園で優勝投手となった高橋光投手と今井投手が同じ埼玉西武に入団しており、若き両右腕の今後の活躍にも期待が集まる。