野球データの可能性と面白さを伝える「パ・リーグ×パーソル ベースボール データハッカソン」

2018-08-09 16:20 「パ・リーグ インサイト」編集部

パシフィックリーグマーケティング株式会社は、野球におけるデータの可能性と面白さを知ってもらうイベント「パ・リーグ×パーソル ベースボール データハッカソン」を、パーソルホールディングス株式会社と開催する。

「パ・リーグ×パーソル ベースボールデータ ハッカソン」は、データに関わる仕事をしている社会人や、統計学などを学んでいる学生向けのイベント。9月15日のプレイベントと、10月6、7日のハッカソンイベントに分けて実施する。

9月のプレイベントでは、野球によって得られるデータを総合的に分析し、意思決定や企画立案などに役立てる野球解説を行い、「野球×データ」について知ってもらう内容を予定。10月は、グラウンドにおけるパフォーマンスデータだけでなく、ビジネスに関わるデータを提供し、ペースボールビジネスの新たな価値を発見するハッカソンを実施する。

イベント実施の背景

アメリカの求人情報サイト「glassdoor」の調査によると、データサイエンティストは、アメリカで仕事をしている人が選ぶ「ベスト・ジョブ」に3年連続で選ばれている。これは実際に、その職に就いている人の満足度などからランク付けされたものだ。

ビックデータがクローズアップされ、その利活用の必要性が日本でも政府および産業界で大きく謳われている中、データ解析の専門的なスキルを有するデータサイエンティストの育成は急務。しかしまだその数は不足している。フィールド以外のビジネスにおけるデータの必要性は多くのスポーツ分野で認知されながら、十分に利活用されているとは言えない。

データサイエンティストとして活躍する社会人、そしてデータサイエンティストを目指す学生に、フィールドそしてビジネスの両面における野球×データの魅力と可能性について知ってほしい。なお本イベントは、パーソルキャリア株式会社が運営するデータサイエンス学習支援プログラム「Data Ship(データシップ)」より、プログラムを提供いただく。

詳細は特設ページから。