鷹、7連敗中の北海道日本ハム戦へ 工藤監督「1個勝てば、みんなの気持ちも変わる」

2018-08-09 17:06 「Full-Count」藤浦一都
福岡ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

福岡ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

先陣は千賀が任され、大竹、松本裕の若い2人が続く

ソフトバンクの工藤公康監督は9日、ヤフオクドームで行われた先発練習を見守った。台風13号の影響で8日のロッテ戦(ZOZOマリン)が中止となり、急遽8日夜に新幹線を利用して帰福。長時間の移動にも「思ったほど体はしんどくなかったよ」と話した指揮官は、11時から行われた投手練習に目を光らせた。

10日からは2位の日本ハムと本拠地で3連戦を戦う。日本ハムには6月下旬に沖縄で行われた2連戦で連敗を喫すると、東京ドームで開催された「鷹の祭典」2連戦、そして札幌ドームでの3連戦と1つも勝てず、現在7連敗中だ。それだけに工藤監督は「(連敗を)止めるのが大事。1個勝てばみんなの気持ちも変わってくる。今のウチの打線は3、4点は取れる。前半の失点を少なくして後半勝負することが大事」と連敗ストップに燃えていた。

日本ハム戦の連敗ストップを願って、初戦を任せるのは千賀滉大だ。「やってもらわないといけない選手。本人も試行錯誤しながらやっている。みんな(復調を)手伝っているし、みんなの思いを背負って投げてほしい」と工藤監督。2戦目には大竹耕太郎、3戦目は松本裕樹と若手コンビの先発が予定され「彼らのピッチングの内容を含めて十分に通用すると思います。緩急や高低を使っていけば勝負になると、僕もコーチも思っています」と、工藤監督は若い力に期待を寄せた。

ウイルス性胃腸炎で登録を抹消されていた中田賢一も昇格するが、指揮官は中継ぎでの起用を明言。「石川(柊太)くんもそうだけど、長いイニングを投げられる(中継ぎ)投手がいれば余計な投手を使わずに次の試合につぎ込んでいける」。また、市川友也に代わって2軍で好調の栗原陵矢も1軍昇格。キャンプ終盤に左肩の脱臼で離脱しながら予定よりも早く戦列に復帰し、2軍では打率3割を記録するなど打撃も好調だ。「選手は、いろんなことを乗り越えて成長するからね。少しでも(甲斐)拓也くんの刺激になれば」と、若手の正捕手候補に期待していた。