オリックス育成の張奕が投手転向で148キロデビュー 巨人・陽岱鋼のいとこ

2018-08-09 19:12 「Full-Count」橋本健吾
オリックス・張奕【写真提供:オリックス・バファローズ】

オリックス・張奕【写真提供:オリックス・バファローズ】

高山コーチは評価「ボールにも力がある」

オリックスの張奕外野手が9日の阪神戦で(鳴尾浜)投手デビューを果たした。巨人・陽岱鋼のいとこで話題を集めた野手は6月中旬から本格的に投手に転向し、この日のデビュー戦で最速148キロをマークした。

5回から1イニングを投げ1回1安打1奪三振無失点と上々のデビューを果たした右腕に高山1軍投手コーチは「ものは良いみたいだし楽しみ。(投手1本で)その方向でいく。ボールにも力がある」と評価していた。

張奕は2016年の育成ドラフト1位でオリックスに入団。日本経済大学時代は投手経験はなく、福岡第一高校時代には投手兼野手としてプレーしていた。