オリックス西、“親戚”の創志学園・西の快投を大絶賛 「一度会ってみたい」

2018-08-09 20:29 「Full-Count」橋本健吾
オリックス・西勇輝【写真:荒川祐史】

オリックス・西勇輝【写真:荒川祐史】

“西”の活躍に「誇らしいことです」

オリックスの西勇輝投手が、遠縁にあたる創志学園の2年エース・西純矢投手の快投を喜んだ。この日、第100回全国高等学校野球選手権記念大会の5日目、第3試合で選抜ベスト8の創成館(長崎)を相手に16奪三振、無四球完封を演じた親戚に「スゴイですね。全力で頑張って欲しい」とエールを送った。

TV中継で2年生エースの快投劇を見た西は「自分のピッチングに似ているなと思った。スライダー、カーブ、フォークの変化球とかね。自分の親戚が活躍してくれることは誇らしいことです」と絶賛した。

祖父母が8人兄弟で、年末年始の集まりには顔が分からないぐらい親戚が集結するため「会ったことはないと思いますけど。一度あってみたいですね。すごいピッチャー。日本代表にも選ばれるんじゃないですか?」と、U18日本代表一次候補に選出されている2年生右腕に太鼓判を押していた。