バント処理でなぜか3人が転倒…武隈投手と森選手と、

2018-08-09 20:35 「パ・リーグ インサイト」編集部

8月9日、京セラドーム大阪で行われているオリックスと埼玉西武の一戦。オリックス3点リードの7回裏、埼玉西武の武隈投手と白井球審が衝突する事態が発生した。

7回裏、無死1塁の場面。オリックス・西野選手の三塁側へのセーフティバントの処理に向かった森選手に代わり、本塁のカバーに入ろうとした武隈投手と、森選手の方に駆け寄ろうとした白井球審が衝突。両者ともに転倒し、誰とも接触していない森選手までもが足を滑らせて膝をつく珍しい事態となった。

なお、交錯した武隈投手、白井球審ともに怪我はなく、何事もなくプレーを続行。直後の中島選手の一打で、オリックスがリードを4点に広げている。