【高校野球企画】Youthful Days ~まだ見ぬ自分を追いかけて~ vol.4 平沢大河選手[千葉ロッテ]

2018-08-14 09:00 氏原英明
千葉ロッテ・平沢大河選手【イラスト:横山英史】©C.L.M

千葉ロッテ・平沢大河選手【イラスト:横山英史】©C.L.M

第100回全国高等学校野球選手権記念大会が開幕した。今年も甲子園で高校野球の頂点を巡り、激闘が繰り広げられている。夢見た舞台へ辿り着くために、球児たちはどれだけの鍛錬、挑戦、葛藤を積み重ねているのだろうか。現役プロ野球選手の高校時代を振り返る連載第4回は、類まれな野球センスを秘める平沢大河選手(現千葉ロッテ)。高校では東北県民の悲願まであと一歩届かなかったが、その実力とスター性を証明し、他では得難い経験を手に入れた。プロ入り後は壁に阻まれながらも、着実にステップを踏んで前進を続けている。灼熱の舞台で放ったまばゆい輝き。その再現が、望まれている。

プロ入りを大きく手繰り寄せた痛快な一発

確かな手ごたえを残した快音は、チームの快進撃を予感させるとともに、本人にとって将来を確信する一打になった。

「ずっとプロ野球選手を目標にしていましたけど、高校に入ってからはまず甲子園を目指す。甲子園に行ってからプロにと考えていたんですけど、あの時のホームランは『あ、これで、プロに行けるな』って確信できました」

高校時代の思い出をそう語っていたのは、千葉ロッテの平沢大河選手だ。仙台育英高校3年夏の1回戦・明豊戦、1回表の打席に立った平沢選手はインコースの難しいボールを一閃すると、バックスクリーン右へ豪快な本塁打を叩き込んだのだった。

高校生にとって、人生を変える一打があるという。このとき平沢選手が打った一打はまさに彼の人生を決定づけた。

当時の高校生を代表するショートストップとして、2015年の全国高校野球選手権大会に出場した平沢選手は、注目されていた。前年秋の神宮大会で優勝し、春、夏と続けて甲子園に出場。チームも注目校の一つであっただけに、2季連続の甲子園で平沢選手がどんな打撃をみせるかは試金石でもあった。

その第1打席でホームランを打った。これはプロ野球のスカウトの多くが気にする成績だ。最高の舞台での第1打席、最初のプレーで何をみせるかは、選手としての強さを図るに絶好の機会だからだ。平沢選手は先制の2点本塁打を放ち、チームも12対1で快勝。これで乗った。

2回戦で滝川第二高校を破ると、3回戦と準々決勝は同じ東北勢の花巻東高校、秋田商業高校に競り勝った。2015年の大会は、高校野球が始まってから100年の節目の大会でもあり(第100回大会は2018年)、もう一つの意味で、仙台育英高校の勝ち上がりは注目を浴びていた。

というのも、それまで東北地区には一度も優勝旗が渡ったことがなく、100年の節目に起きる大きな出来事の一つとしての期待感があったのだ。花巻東高校や秋田商業高校との戦いを制したのも、どこか因縁めいていた。平沢選手は言う。

「高校に入学したころから、東北に優勝旗をという気持ちはありました。甲子園に出た時からずっと思っていたわけではありませんけど、優勝していないのは知っていたし、何とか優勝旗を持ち帰りたいというのはどこかに持っていました」