【高校野球企画】Youthful Days ~まだ見ぬ自分を追いかけて~ vol.5 中田翔選手[北海道日本ハム]

2018-08-17 09:00 氏原英明
北海道日本ハム・中田翔選手【イラスト:横山英史】©H.N.F

北海道日本ハム・中田翔選手【イラスト:横山英史】©H.N.F

第100回全国高等学校野球選手権記念大会が開幕した。今年も甲子園で高校野球の頂点を巡り、激闘が繰り広げられている。夢見た舞台へ辿り着くために、球児たちはどれだけの鍛錬、挑戦、葛藤を積み重ねているのだろうか。現役プロ野球選手の高校時代を振り返る連載第5回は、聖地で投打共に圧倒的なインパクトを残した中田翔選手(現北海道日本ハム)。恵まれた身体だけでなく、豊かな感性を併せ持った逸材の将来に、多くの野球ファンが夢を見た。プロでは一太刀での勝負を決断し、4番に座って打点王を2度獲得。浪漫の詰まったバッティングで、北の大地を熱くさせる。

「平成の怪物×昭和の怪物」のスケール感

時代が違っていればと、今さらながらに思う。北海道日本ハムの主砲・中田翔選手の大阪桐蔭高校時代を振り返るたびに、想起するのはチームの後輩で投打の二刀流に成功し、今季からメジャーリーグへと渡った大谷翔平選手(エンゼルス)だ。というのも、大谷選手が高校野球界に登場するまで、投打(二刀流)の怪物として甲子園を最も沸かせたのが中田選手であるからだ。

150キロのストレートを武器に、スライダー、カットボール、カーブ、シュートなど多彩な変化球を投げた。投球以外の動作も抜群でクイックは平均1.1秒を計測し、けん制で走者を刺すことも多く、フィールディングのうまさも秀逸だった。打撃面でも、豪快なフルスイングで本塁打を量産した。やや左脇が開く癖はあったものの、豪快かつ懐は深く、広角へ本塁打を打てる才能の持ち主だった。

「投げて松坂大輔、打って清原和博」という当時の評価は、決して大げさなものではなかった。

高校1年夏の甲子園デビューからしてすさまじいインパクトだった。チームにはエース・辻内崇伸氏(元巨人)、4番に平田良介選手(現中日)が君臨していたが、1回戦・春日部共栄高校戦で、1年生にして「5番・ファースト」でスタメン出場すると、中田選手は2人を凌駕する活躍を見せたのだ。

1打席目に初安打初打点をマークすると、5回途中から乱調の辻内氏を救援。148キロのストレートでぐいぐい押し、相手の流れを断ち切った。7対7で迎えた7回裏には左中間スタンドに勝ち越し本塁打を叩き込んだ。投打でハイレベルな才能を見せつける姿に、とんでもない怪物の登場を予感したものだった。

「うちに入学した投手の中では間違いなくNO.1」
「パワーなら、一番の打者です」

大阪桐蔭高校・西谷浩一監督は投打の中田選手をそう評したものだった。

高校2年春には選抜高等学校野球大会出場を逃したものの、冬の間に体づくりに成功して、中田選手のストレートは150キロを超えた。ところが、春季大阪府大会中に右肘を負傷。全力投球ができなかったことで、夏までは打者に専念。ここから恐ろしいほど、打者としての才能が開花していった。

2年夏の大阪府大会では5本塁打をマーク。この記録は、清原和博氏、福留孝介選手(現阪神)に並ぶ記録だった。そして、甲子園では1回戦の横浜戦でバックスクリーン横に飛び込む140メートル弾を放り込んだ。高校生の打球ではなかった。その場にいた者達は、スラッガー中田の才能の開花を見たものだった。

とはいえ、この大会は2回戦で早稲田実業高校の斎藤佑樹投手(現北海道日本ハム)にひねられた。4打席で3三振を喫し、技術の無さを露呈しながら、1年間の雌伏がまた彼を大きくさせた。

もっとも、当時の本人は投手を志望しており、秋からは徐々に投手として復帰を果たす。本塁打を量産し始めていたが、中田選手はあまり興味を示さなかった。秋の大阪府大会を準優勝して迎えた近畿大会1回戦・天理戦では12個の三振を奪う好投を見せて、投打の怪物はエンジン全開だった。