【高校野球企画】Youthful Days ~まだ見ぬ自分を追いかけて~ vol.6 松井裕樹投手[東北楽天]

2018-08-20 09:00 氏原英明
東北楽天・松井裕樹投手【イラスト:横山英史】©Rakuten Eagles

東北楽天・松井裕樹投手【イラスト:横山英史】©Rakuten Eagles

第100回全国高等学校野球選手権記念大会が開幕した。今年も甲子園で高校野球の頂点を巡り、激闘が繰り広げられている。夢見た舞台へ辿り着くために、球児たちはどれだけの鍛錬、挑戦、葛藤を積み重ねているのだろうか。現役プロ野球選手の高校時代を振り返る連載第6回は、甲子園で全国の猛者を撫で切った松井裕樹投手(現東北楽天)。プロではブルペンを主戦場に、当時と変わらない躍動感を一身にみなぎらせる。左腕を球界屈指のリリーバーに押し上げたのは、快速球と鋭い変化球、そして進化を追い求める心。いずれも激戦区を勝ち抜くための日々に磨き上げたものだ。

快刀乱麻のピッチングで「K」の山を築く

スポーツの報道において数字は重要だ。数の多寡は分かりやすく選手の良し悪しを表現するし、昨今はデータを集積して選手の特徴をあぶり出すなど、スポーツ報道に数字は欠かせない。

ただ、その数字だけを追いかけすぎると、時に、選手を追い詰める。大記録などめったに生まれない数字に近づくと、メディアはその数字を追いかけることに躍起になり、結果として、高校生にもプレッシャーをかけることにつながるからだ。

2012年夏、桐光学園高校の2年生エースとして1試合22奪三振の全国高等学校野球選手権大会記録を樹立した松井裕樹投手(現東北楽天)は、この偉業で一躍スターダムにのし上がった一方、大きな十字架を背負う高校生活を送った。

「甲子園の長い歴史の中に、自分の名前が残るのはプレッシャーを感じますが、歴史に恥じないピッチングをこれからもしていきたい」

大記録達成直後に松井投手が発したその勇ましい言葉は、彼の強気な姿勢に感じたが、同時に「松井と奪三振数」は切り離せられないものになった。大記録を達成したことがさらなる期待を呼び、2桁奪三振が当たり前になり、9奪三振では不調と騒がれる。松井投手はメディアからのプレッシャーと戦わなければならなくなったのだ。

とはいえ、当時のメディアが松井投手の奪三振数を追いかけたくなったのも無理はない。それほど、あの大記録達成の際のピッチングはすさまじいものだったからだ。

豪快に右足を挙げるダイナミックな投球フォームで、体重移動の際には左肩を下げる“ショルダーステイ”を維持して打者に向かう。ため込んだパワーを右足の股関節にぶつけるようにして間をつくり、腕を思いっきり振る。

140キロ台後半のストレートは懐に、あるいは高めに投じ、スライダーは低めに落とす。コンビネーションはまた見事で、バッタバッタと三振を量産した。実際に冷静に見ているとボール球なのだが、高低を使い分けているから打者のバットが止まらないのだ。

正真正銘の「ドクターK」だった。そのように騒がれる投手は、甲子園では珍しくない。松井投手が登場する以前にも、「みちのくのドクターK」や「北陸のドクターK」など、地区大会で多くの三振を取った投手はそう騒がれたものだった。

そうした投手が評判倒れに終わることも少なくない。松井投手が激戦区の「神奈川のドクターK」だったとはいえ、彼の登場に特別な印象を持たなかった人も多かった。

しかし、松井投手は違った。前出の1回戦・今治西高校戦では10者連続を含む、22奪三振。2回戦の常総学院高校戦でも19奪三振を挙げている。1回戦に比べて数は減ったのだが、そもそも19個の奪三振は松井投手が1回戦に大記録を達成するまでの最多記録(9回)であったのだ。

この大会では準々決勝で敗退したものの、大会トータル68奪三振をマーク。大会史上3位の記録で、左腕投手としては最多の記録だった。

だが、松井投手の本当の戦いはここからだった。秋の神奈川県大会では準々決勝の平塚学園高校に敗退。松井投手は12奪三振を奪ったものの、2失点が致命的となり、敗戦投手となってしまったのだった。

三振の数が必ずしも勝利を約束するものではない。だが、松井投手が三振を取れば、メディアは騒ぐ。勝利に関係なく、だ。そのギャップが本人を苦しめた。