【高校野球企画】Youthful Days ~まだ見ぬ自分を追いかけて~ vol.7 西川遥輝選手[北海道日本ハム]

2018-08-23 09:00 谷上史朗
北海道日本ハム・西川遥輝選手【イラスト:横山英史】©H.N.F

北海道日本ハム・西川遥輝選手【イラスト:横山英史】©H.N.F

第100回全国高等学校野球選手権記念大会が閉幕した。今年も甲子園で高校野球の頂点を巡る戦いから、多くの新たな物語が紡がれている。夢見た舞台へ辿り着くために、球児たちはどれだけの鍛錬、挑戦、葛藤を積み重ねているのだろうか。現役プロ野球選手の高校時代を振り返る連載第7回は、あらゆる方法でチームへの貢献を果たす西川遥輝選手(現北海道日本ハム)。高校では相次ぐ故障に才能の完全開花を阻まれたが、プロ入り後はそれも克服した。類まれな野球センスを存分に発揮し、走攻守のパフォーマンスでチームをリードする姿が多くのファンを魅了している。

希代のヒットメーカーを彷彿させる打撃

西川選手のことを初めて知ったのは、彼が智弁和歌山高校に入学して間もない春だった。和歌山県の春季大会で3試合連続を含む4本塁打。“スーパー1年生”の評判を耳にしたのが始まりだった。

当初、「またしても智弁和歌山っぽいスラッガーが登場してきたのだろう」と想像した。ところが、間もなくして練習グラウンドを訪ねると、そこにいたのは色白で小顔、華奢なスタイルながらハイレベルの走攻守がそろった、まったく智弁和歌山っぽくない選手だった。ただ、フリーバッティングの打球は勢いよく飛んではいかず、初対面の印象はそこまで強くはなかった。

一気に惚れ込むことになったのはそれから約3ヶ月後。夏の全国高等学校野球選手権大会だった。予選期間中の打撃練習で右手の有鈎骨(手の平下の手首寄りの骨)を骨折。普通なら夏欠場となるはずだったが「しっかり守って打席ではフォアボールでも選んで走ってくれたらいい」という高嶋仁監督の意向で、患部をサポーターとテーピングで固めて2回戦から強行出場した。

「9番・サード」だった。すると常葉菊川高校との準々決勝。ここで西川選手が僕を虜にする見事な一発を放ったのだ。ただ、一発と言っても結果はファウル。しかし、相手右腕の内寄り低めのスライダーへ体に巻きつかせるようにバットを出し、最後は伸びやかなフォローへと続いたスイングで捉えた打球は大きな弧を描きライトスタンド上段へ。残念ながら打球がわずかにポールの右を通過しファウルに終わったが、1年の夏に、この体で、甲子園でこの打球…。鳥肌が立った。

体のパワーではなく、フォームで飛ばせる西川選手の技術に触れた瞬間、頭の中に浮かんでいたのはイチロー選手(現マリナーズ)だった。プロ1年目、やはり色白で華奢な左打席から東京ドームの右中間スタンド中段へ打ち込んだフレッシュオールスターでの一発。あの一打を見た時の衝撃が蘇った。

さらにこの常葉菊川高校戦で西川選手は絶妙なセーフティーバントも決め、左、右の投手から左中間をライナーで破る三塁打も2本。試合には敗れたがその魅力を余すところなく発揮し、僕は甲子園の戦いを追った雑誌の中で「2年後のドラフト1位候補!」と書き、以降の西川選手詣を決めたのだった。

しかし、計4度出場の甲子園も含め、その後の西川選手が僕の期待通りの活躍を見せたわけではなかった。故障がついて回り、1年夏に続いて、2年の夏前にも6月の練習試合で左手の舟状骨(親指の下の手首寄りにある骨)を亀裂骨折。

それでもやはりテーピングと特殊サポーターをはめて休むことなく夏を戦い、チャンスには格別の集中力と手への衝撃が少ない「芯」に当てる技術で結果も残した。ただ、故障完治後も強行出場の影響が残ったのだろう。スイングからは持ち前の伸びが消え、西川選手らしさは最後まで戻り切らなかった。