今年も西武が「ライオンズカップ」を開催。「第7回中学硬式野球選抜大会」参加チームへ、プロ野球OBからもメッセージ!

2018-08-23 17:00 「パ・リーグ インサイト」藤原彬
2012年から7年連続の開催

2012年から7年連続の開催

セミの声にかぶさるように、試合開始を告げる甲高いサイレンの音が鳴った。8月21日は全国高等学校野球選手権大会の決勝試合日だったが、その1時間前にはメットライフドームで「ライオンズカップ 第7回中学硬式野球選抜大会」の決勝が行われている。大会に参加したのは、甲子園で戦いを繰り広げた高校球児より一回り体格の小さな中学硬式野球チーム所属の中学生だ。屋内のドームで、試合中はベンチとスタンドから声援が響いた。

明るさが一層際立ったのは、12チーム参加のトーナメントを最後まで勝ち上がった地元・埼玉県のふじみ野リトルシニアだ。試合中は伸び伸びとプレーしながら常に声が飛ぶ。決勝戦での選手紹介時、埼玉西武の一軍の試合さながらに曲が流れると、名前を呼ばれた選手はノリよくスタンドの仲間や保護者に手を振ってグラウンドへ駆け出していった。

元気いっぱいのふじみ野リトルシニアナイン

元気いっぱいのふじみ野リトルシニアナイン

ピンチの場面を迎えても、マウンドに集まったふじみ野リトルシニアの選手には笑顔が見られた。こうした風景が、近年は高校野球でもよく見られるようになっている。プロ仕様の広いグラウンドでのプレーとあって、浮足立ったようなミスが他チームには見られたが、ふじみ野リトルシニアのナインはそうした緊張をあまり感じさせなかった。

このようなチームの雰囲気は、深澤仁監督が意図して作り上げたものだ。「友達、選手、仲間が元気になるような言葉をかけられるようにと教えています。いつも勝っているチームではありませんから、負けていて大量点を取られていても、上を向いて明るくないといけないので、どんな局面でも笑顔を見せられるように」と指導している。その結果、今回のトーナメント決勝に5対0で勝利してライオンズカップを収めた。

優勝が決まった瞬間、ベンチもスタンドも歓喜

優勝が決まった瞬間、ベンチもスタンドも歓喜

準優勝を果たしたのは久喜リトルシニア

準優勝を果たしたのは久喜リトルシニア