鷹・今宮が明豊高ユニ姿で振り返る。埼玉西武菊池は「ずば抜けて凄い選手だった」

2018-08-27 21:10 「Full-Count」編集部

春夏ともに菊池擁する花巻東に敗戦「すごく残念だった」

第100回全国高等学校野球選手権記念大会は、大阪桐蔭が史上初となる2度目の春夏連覇の偉業を達成して幕を閉じ、甲子園を沸かせた選手たちが選出された侍ジャパンU-18代表は、9月3日から宮崎で行われる「第12回 BFA U18アジア選手権」に向けて合宿をスタートさせた。

パ・リーグTVは「日本プロ野球選手会から高校球児へ応援メッセージ」と題し、パ・リーグの選手たちが高校時代のユニホームを着て当時を振り返る動画を公開。大分・明豊高出身のソフトバンクの今宮健太内野手は、春夏と2度甲子園で対戦した西武・菊池雄星投手(岩手・花巻東高)について「高校球児の中でずば抜けたすごい選手だった」と振り返っている。

高校時代を「青春です。一言で。一番輝いた時期でしたし、楽しかったという思い出しかないので」と振り返った今宮。一方で「めちゃめちゃ練習がきつかった。今、高校球児に戻りたいかと言われたら絶対に戻りたくない」とも話す。

甲子園では、3年春は2回戦、夏は準々決勝でいずれもエース左腕・菊池を擁する花巻東に敗退。夏は菊池が負傷で途中降板したものの惜敗した。ただ、本職は遊撃手だった今宮は投手として154キロをマークするなど甲子園を沸かせた。

対戦した菊池の印象はやはり強烈だったようで、「やっぱり雄星ですね。菊池雄星がすごくインパクトがありましたし、これは夏だけじゃなかったです。春夏2試合やらせていただいて、本当に高校球児の中でずば抜けて凄い選手だったことは覚えてますね」と回顧。

さらに、「春夏と負けましたし、夏に関しては花巻東に勝つことだけを考えてずっとやってきましたので、そのリベンジを果たせなかったのがすごく残念だったなと思います」としつつ、「すごく楽しい対戦だったのは覚えてます」とも話している。

ドラフト1位で福岡ソフトバンクに入団し、現在、5年連続で遊撃のゴールデングラブ賞を受賞中の今宮。高校時代に衝撃を受けた埼玉西武の菊池とは、プロの世界でもしのぎを削っている。