千葉ロッテ福浦が習志野ユニ姿で高校時代を回想。「悔しさは今でも覚えています」

2018-08-28 14:30 「Full-Count」編集部
千葉ロッテ・福浦和也【写真:荒川祐史】

千葉ロッテ・福浦和也【写真:荒川祐史】

当時はエースとしてマウンドに上がっていた福浦

第100回全国高等学校野球選手権記念大会は、大阪桐蔭が史上初となる2度目の春夏連覇の偉業を達成して幕を閉じ、甲子園を沸かせた選手たちが選出された侍ジャパンU-18代表は、9月3日から宮崎で行われる「第12回 BFA U18アジア選手権」に向けて合宿をスタートさせた。

パ・リーグTVは「日本プロ野球選手会から高校球児へ応援メッセージ」と題し、パ・リーグの選手たちが高校時代のユニホームを着て当時を振り返る動画を公開。千葉・習志野高校出身の千葉ロッテ・福浦和也内野手がレア過ぎる高校時代のユニホーム姿を見せている。

習志野高のユニホーム、帽子を被り高校球児にタイムスリップした福浦。思い出の対戦相手には同県の名門校・拓大紅陵の立川(元ロッテ、阪神)の名を挙げ「千葉マリンで初めて試合ができて、右中間にホームランを打って負けたイメージが強い」と懐かしんだ。

高校3年最後の夏は3回戦で敗退。当時はエースとしてマウンドに上がっていたが「僕のせいで、3回戦で負けてしまった。その悔しさは今でも覚えています」と振り返っていた。2000本安打まで残り10本に迫っているベテランも、悔しさをバネにプロの世界で活躍している。

【甲子園×プロ野球】習志野高校出身・福浦和也(千葉ロッテ)