【高校野球企画】Youthful Days ~まだ見ぬ自分を追いかけて~ vol.10 今宮健太選手[福岡ソフトバンク]

2018-08-29 09:00 氏原英明
福岡ソフトバンク・今宮選手【イラスト:横山英史】©SoftBank HAWKS

福岡ソフトバンク・今宮選手【イラスト:横山英史】©SoftBank HAWKS

第100回全国高等学校野球選手権記念大会が閉幕した。今年も甲子園で高校野球の頂点を巡る戦いから、多くの新たな物語が紡がれている。夢見た舞台へ辿り着くために、球児たちはどれだけの鍛錬、挑戦、葛藤を積み重ねているのだろうか。現役プロ野球選手の高校時代を振り返る連載第10回は、プレミアムポジションでも際立つ守備力を誇る今宮健太選手(福岡ソフトバンク)。図抜けた強肩と広い守備範囲はプロ野球随一、打席でも持ち味のパンチ力を発揮している。恵まれたフィジカルを引き立たせるのは、聖地の小高い丘の上からも感じさせた、小柄な体に秘められた強靭なハートだ。

意気に感じて魅せたフルスロットルの投球

それは最初で最後の男気ピッチだった。

2009年夏、全国高等学校野球選手権大会準々決勝・花巻東高校対明豊高校の試合だ。2点リードして9回を迎えていた明豊高校は花巻東高校の反撃を浴びていた。同点に追いつかれると、マウンド上にいた2年生右腕・山野恭介氏は半べそをかいてうつむいていた。先輩の夏を終わらせてしまうかもしれない状況に冷静さを欠いていたのだった。

ここでマウンドへ歩み寄ったのが、当時、高校通算本塁打62本を記録し、投手としても150キロを投げていた今宮健太選手(現福岡ソフトバンク)だった。タイムは取っていない。後輩のマウンド上での姿に、いてもたってもいられなくなったのだ。

「(降板した)山野は本当に可愛いやつなんですよ。小学校から一緒に野球をやってきて、僕を慕って、このチームにも来てくれた」

当然、タイムをとっていないから、2塁走者に3塁を取られてしまったのだが、「俺に任せろ」と言わんばかりに、そのままピッチング練習に入ったのだった。実は、このとき、今宮選手は監督からの指示があったわけでもないのに、マウンドに上がっている。

「山野に負けをつけたくなかったんです」。そういった今宮選手はここから圧巻のピッチングを魅せる。第1球目に149キロのストレートを投じると、続けて、152キロ、154キロと自己最速を次々に更新。スタンドをどよめかせると、最後は133キロのスライダーで三振に取った。

続く打者にも150キロ台のストレートを連発した。153キロ、151キロ、153キロ(ファール)、154キロ、152キロ…そして、最後は129キロのスライダーで三振。このピンチを同点で食い止めた。今宮選手の本能を見たかのような圧巻のピッチングだった。