【高校野球企画】Youthful Days ~まだ見ぬ自分を追いかけて~ vol.11 今江年晶選手[東北楽天]

2018-08-30 09:00 谷上史朗
東北楽天・今江年晶選手【イラスト:横山英史】©Rakuten Eagles

東北楽天・今江年晶選手【イラスト:横山英史】©Rakuten Eagles

第100回全国高等学校野球選手権記念大会が閉幕した。今年も甲子園で高校野球の頂点を巡る戦いから、多くの新たな物語が紡がれている。夢見た舞台へ辿り着くために、球児たちはどれだけの鍛錬、挑戦、葛藤を積み重ねているのだろうか。現役プロ野球選手の高校時代を振り返る連載第11回は、プロ17年目で打線の4番にも座る今江年晶選手(東北楽天)。PL学園高校在籍時には「最強」の2文字を欲しいままにしたが、高校野球との別れは予期せぬ形で訪れた。現在は活動を休止しているが、今江選手の溌剌としたプレーとリーダーシップには、球史に名を刻む名門で培ったものが根付いている。

名門校史上でも屈指の破壊力を誇る打線を形成

今江選手の母校であるPL学園高校について「最強チームはどの世代か」という話を、関係者としたことがある。高校球史に名を刻んできたPL学園高校。候補に挙がるチームには事欠かないが、やはり筆頭は清原和博氏、桑田真澄氏(ともに元巨人)の3年時、夏には全国制覇を果たした1985年のチームだ。

これに続いたのは立浪和義氏(元中日)、片岡篤史氏(元日本ハム)らで春夏連覇を達成した87年のチーム。そこへもうひとつ、「実はあのチームが…」と推す声があったのは4番に今江選手、エース・朝井秀樹氏(元東北楽天)、さらに桜井広大氏(元阪神)、小斉祐輔氏(元福岡ソフトバンク)ら、後にプロへ進む選手が4人そろっていた2001年のチームだ。全国の舞台で大きな結果は残せなかったが、特に打線がスケールを持ったチームだった。

「あのチームのバッティングはホントにえげつなかった。ある練習試合でホームランを13本打った時があったんですけど13本ですよ、13本。いくら練習試合でも13本はないですよね」

驚きの表情と共にその強さを伝えてきたのは現在、佐久長聖高校の監督で、今夏の甲子園にも出場している藤原弘介氏だった。当時はPL学園高校のコーチ。目の当たりにした凄まじい打力に「高校生と思えなかった」とも言った。この強力打線の中心にいたのが今江選手だった。

中学時代は関西屈指の強豪として知られていた京都田辺ボーイズでプレーし、3年時は背番号1で内野手兼投手。今江選手に昔話を聞いた時「僕の野球人生のピークは中学時代です」と笑って返してきたことがあったが、打ってはグリーンスタジアム神戸(現ほっともっとフィールド神戸)の左中間スタンド中段へ放り打込み、遠投では悠々100メートル超え。ダイナミックな守りも含め、超中学級の逸材として高校野球関係者の関心も大いに集めていた。

当初、京都育ちの今江選手は地元の伝統校で公立の鳥羽高校へ進む希望を持っていた。ところが、京都田辺ボーイズの先輩でPL学園高校へ進んでいた覚前昌也氏(元大阪近鉄)から「甲子園に行きたいなら他でいい。でも、プロになりたいならウチへ来た方がいい」と声をかけられてPL学園高校行きを決意。道が決まった。

当時のPL学園高校は“KK”の時代から春夏連覇の1987年をひとつのピークとし、絶対的な強さが薄れつつあった頃。今江選手の入学前年夏に横浜高校と延長17回の熱闘を演じていたが、それまでは常に勝者として脚光を浴びてきたPL学園高校が敗者として名を刻んだ名勝負でもあった。そんな状況の中、王者の復権を賭け、強力なスカウティング活動で中学界のスターがそろったのが今江選手達の代だった。

入学すると、厳しい寮生活と練習の中、今江選手の体重は夏までの数ヶ月で15、16キロダウン。打球の勢いや飛距離も落ちたが、そこから這い上がり、1年夏から朝井氏と共に2ケタ番号を着けてベンチ入り。秋からは試合出場が増え、2年夏には大阪府大会を制し全国高等学校野球選手権へ出場した。全国の舞台でも札幌南高校、明徳義塾高校に勝利し、強豪ぞろいのゾーンを勝ち上がったが、3回戦で智弁和歌山高校の豪打に屈して完敗。朝井氏は3回KO、2年生4番として期待された今江選手も5打数ノーヒット。全国レベルを実感し、甲子園での戦いを終えた。