偉業達成まであと8本。幕張の安打製造機が見せた厳しさ、信念とは

2018-08-31 11:36 「パ・リーグ インサイト」マリーンズ球団広報 梶原紀章
ヤフオクドームで安打を放ち、偉業達成まであと8本とした福浦選手

ヤフオクドームで安打を放ち、偉業達成まであと8本とした福浦選手

背番号「9」が放った1992安打目は綺麗な中前打だった。8月29日、ヤフオクドームでのホークス戦。先発の松本裕投手との1打席目は三塁失策で出塁。2打席目はセンター返しを心がけて打席に入った。初球のストレートを悠々と見逃しての2球目。135キロのストレートをはじき返すと打球は中前で弾んだ。

「あまりいい当たりではなかったけどね。(松本は)1打席目に対戦した時に変化球がけっこう、いい感じで落ちていた。試合前からもベンチからはセンター、センターと指示があった中で、センターへの意識を持って打ったね」

これがプロ2220試合出場での1992本目の安打。幕張の安打製造機の異名を持つ男は、センター返しという基本形を意識して、プロ初対戦の相手を2打席目で攻略した。

「初対戦だったからね。ボールの出どころが低くて、ストレートと変化球の見極めが難しい感じがした」

ただチームが放った安打はこの試合、これが最後となった。0対7の2安打完封負け。二ゴロに倒れ、最後の打者となりゲームセット。試合後、表情は厳しいままだった。

「打撃の状態は一時期に比べると悪くはない。いい場面で打ちたいよね。負けたのが悔しい。チームが勝たないとね」

3年前、1900安打の際にも…

思えば通算安打数が1900に到達したあの日も同じことを言っていた。少し霧がかった杜の都・仙台。2015年9月8日のイーグルス戦の初回。2点を先制し打席が回ってきた。1死1塁、相手先発・則本昴大の内角のストレートを追っつけるように拾い上げた。打球は左前に落ちた。福浦らしい一打。このヒットで通算安打は1900となった。節目の一打でも大ベテランは顔色一つ変えなかった。ベンチに戻ってきてチームメートから祝福されたが表情を緩める事は一切なかった。

「それよりもチームの勝利。記録を振り返ったり、噛みしめたりするのは今ではない」

試合はまだ初回。個人記録に関して今、喜ぶべき時ではない。あくまでゲームに集中して試合後に笑えばいい。この男の信念を感じた瞬間だった。そして試合は緊張感を維持したマリーンズが5対1で勝利した。

プロ25年。この世界の酸いも甘い部分も知る大ベテランは「チームの勝利」をどこまでも強調し続けてきた。自身の大記録が一歩ずつ近付くにも関わらず、まったく喜ぶ素振りはなく、試合の事に集中している。そしてそれこそが、背番号「9」の徹してきたプロとしての強いポリシーだ。