連投も厭わずブルペンを支える。山田投手は月間登板数のプロ野球記録に並ぶか?

2018-08-31 16:30 「パ・リーグ インサイト」編集部

オリックスの山田修義投手は、8月最後の今日の試合でも登板し、月間登板数のプロ野球記録に並ぶだろうか。

昨日8月30日、山田投手は本拠地での北海道日本ハム戦、5点リードの7回2死満塁からマウンドに上がり、無失点リリーフを披露した。これで今月の登板数は17試合。月間登板数の球団記録に並び、1956年9月の稲尾和久氏(西鉄)、2013年5月の益田直也投手(千葉ロッテ)が持つプロ野球記録にあと「1」と迫っている。

同日、広島のフランスア投手が月間18試合登板を果たし、先にプロ野球記録に並んだ。今日の東京ヤクルト戦の展開によっては、このカープアカデミー出身左腕が単独トップに立つため、山田投手の月間登板数はリーグタイ記録となる。それでも疲労が溜まる真夏に、大車輪の働きを見せた中継ぎとして名を残すことは変わらない。

山田投手は敦賀気比高校出身の26歳。先発投手として期待され、2016年に一軍初勝利を手にしたが、けがによって育成契約も経験。9年のキャリアで一軍で結果を残したと言えるのは、今季が初めてと言ってもいい。今月2日に一軍初昇格、3日に初登板を果たして以降は、場面を問わず連投も厭わず、マウンドに上がり続けている。

【山田投手の8月成績】
3日(ソ)福岡 1回1/3 自責0 2点ビハインド
4日(ソ)福岡 0回1/3 自責0 同点
5日(ソ)福岡 1回 自責0 3点リード
移動日
7日(西)大阪 0回2/3 自責0 4点ビハインド
8日(西)大阪 0回2/3 自責0 1点ビハインド
9日(西)大阪 0回1/3 自責0 2点リード
登板なし
11日(ロ)大阪 1回2/3 自責0 1点ビハインド
12日(ロ)大阪 1回 自責0 2点リード
移動日
14日(西)埼玉 1回 自責0 4点ビハインド
15日(西)埼玉 0回2/3 自責0 1点リード
16日(西)埼玉 0回1/3 自責0 1点リード
登板なし
18日(ソ)大阪 0回2/3 自責1 同点
19日(ソ)大阪 0回1/3 自責3 同点
移動日
21日(楽)宮城 0回2/3 自責0 1点ビハインド
22日(楽)宮城 0回1/3 自責0 1点リード
移動日
登板なし
登板なし
登板なし
移動日
28日(日)宮崎 1回 自責1 2点ビハインド
移動日
30日(日)大阪 0回1/3 自責0 5点リード

【2018年成績】
17試合1勝1敗9ホールド 12回1/3 16奪三振 防御率3.65