最終回の攻防が勝敗を分け、北海道日本ハムが連勝で2カードぶり勝ち越し

2018-09-01 20:35 「パ・リーグ インサイト」編集部

9月1日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと北海道日本ハムのカード2戦目は、同点のまま最終回を迎え、その攻防が勝敗を分けた。

8月18日以来の復帰登板となる千葉ロッテ・ボルシンガー投手と北海道日本ハム・上沢投手の両先発による投げ合いで幕をあけたこの日のゲーム。初回はボルシンガー投手が得点圏に走者を背負うも何とか無失点に抑え、上沢投手は危なげなく3人で仕留める対照的な立ち上がりとなる。

しかし2回裏に上沢投手が崩れ、1死1塁から6番・鈴木選手に4号2ランを浴びて2失点。千葉ロッテが先制に成功する。

援護を受けテンポよく抑えていきたい千葉ロッテ・ボルシンガー投手だったが、直後の3回表に北海道日本ハム打線につかまる。まずは8番・清水選手に四球を許すと、中島卓選手、西川選手の連打で無死満塁に。ここで2番・大田選手を併殺に打ち取るも、この間に1失点。続く近藤選手に適時打を浴びてさらに1点を献上し、2対2とあっという間に試合を振り出しに戻される。

3回表終了時、2対2となったタイミングで雨脚が強まり、試合は中断。約30分後に試合は再開され、4回、5回はともにスコアボードに0が並ぶ。

そして2対2のまま迎えた6回表、先頭のレアード選手が25号ソロを放ち、北海道日本ハムが突き放すが、直後に藤岡選手の適時打で千葉ロッテが再び同点に。試合は終盤の攻防に突入する。

8回まで無得点に終わり、3対3で迎えた9回表。北海道日本ハムがこの回からマウンドに上がった守護神・内投手を攻め立て、先頭の中島卓選手の二塁打と四球などで1死2,3塁とする。この場面で打席に立った3番・近藤選手がきっちり左翼へ犠飛を放って勝ち越し。北海道日本ハムが9回にこの日初のリードを奪う。

そして最後は3番手・石川直投手が連続三振を含む、3人で封じる投球で逆転勝利。北海道日本ハムが9月の初戦を白星で飾り、連勝で2カードぶりの勝ち越しを決めた。