野球少年がビジネスでスポーツへ恩返し。PLMセールス&マーケティング チーフディレクター 園部健二さん【パ・リーグお仕事名鑑 Vol.4】

2018-09-03 19:00 「パ・リーグ インサイト」岡田真理

グラウンドの上で輝く選手やチームを支えているのはどんな人たちなのか。
本連載「パーソル パ・リーグTVお仕事名鑑」でパ・リーグに関わるお仕事をされている方、そしてその仕事の魅力を紹介していきます。

野球への未練をビジネスで払拭

パ・リーグ6球団の共同出資により、2007年に設立されたパシフィックリーグマーケティング株式会社(PLM)。

グラウンドではライバルとなるパ・リーグ6球団がビジネス面でパートナーシップを組み、「パーソル パ・リーグTV」や「パ・リーグ.com」などのデジタルサービスを提供するほか、6球団共同のイベントやスポンサーセールスなども行っているが、それを遂行するのがPLMの役割だ。

同社でセールス&マーケティング部門のチーフディレクターを務めている園部健二さん。現在はPLMの重要な戦力として活躍しているが、実は昨年の夏まで大手ゲーム会社「セガゲームス」でアジア各国を飛び回る営業マンだった。

前職では若くして課長に就任し、順風満帆なキャリアを送っていたが、あるきっかけで人生を見直すことになったという。

「中学卒業までは野球三昧の日々だったのですが、厳しい練習と坊主頭が嫌で、強豪校として知られる高校からのお誘いを断ってしまいました。お世話になっていた監督の面子を潰し、気まずいやめ方をしてしまったんです。でも、かつての仲間たちの高校最後の試合を見に行った時、やっぱり野球っていいなと感じて、草野球チームを作って社会人になってからも続けました。

自由にやる野球はすごく楽しくて、もし高校に入ってからも続けていたらどうなっていただろうと、後悔で心がモヤモヤすることもありました。そんな時、たまたま読んでいたネットのニュースで『野球で、人を救おう。』というキャッチコピーが目に留まったんです」

それは、プロ野球選手や球団のチャリティー活動をサポートするNPO法人「ベースボール・レジェンド・ファウンデーション(BLF)」のスローガンだった。すぐに連絡を取り、このNPOが支援している埼玉西武ライオンズ主催の「ライオンズカップ車椅子ソフトボール大会」のボランティアに参加。以前とは違った形で、野球と接点を持つことになった。

「当時セガでは、台湾や韓国、中国、香港、その他東南アジア各国に自社のゲームをローカライズしてセールスする新規事業を任されていました。一般的には知名度もある会社で、給与水準も悪くなく、アジアのゲーム市場も伸びていた。

だから、転職など考えたことがありませんでした。でも、BLFとの出会いをきっかけに、何か野球やスポーツに恩返しできる方法はないだろうかと、自分なりにリサーチを始めたんです」

自分が積み上げてきたのは、ビジネスパーソンとしてのキャリア。それを活かして野球界に還元できないかとスポーツビジネス業界について調べたところ、PLMの求人にたどり着いた。チャレンジするまでに迷いはなかったが、いざ内定が出ると心底悩んだという。

「スポーツ業界の空気感はどうなのか、自分に合うのか、はたして続けられるのか。セガでお世話になった方々や課長就任を後押ししてくれた上司の期待を裏切ってしまうことにもなる。まだ子供も小さいし……と、いろんなことを考えてしまって、ものすごく迷いました。でも、野球をやめてしまった後悔の念を払拭するためにも、思い切ってチャレンジすることにしたんです」