飛行機での移動時もパ・リーグ三昧。ANA機内における“空き時間”がパ・リーグで満たされる

2018-09-04 11:52 「パ・リーグ インサイト」編集部

旅行時や出張の際の飛行機での移動時間は何をして過ごそうか…。

機内での時間の活用方法は人それぞれだが、楽しみ方が多様化する現代においても根強い人気を得ているのが機内コンテンツだ。そして今回、このラインアップにプロ野球(パ・リーグ)のコンテンツが加わることが決定した。

ANAの国際線全路線及び、一部の国内線機内コンテンツとしてパ・リーグのオリジナルコンテンツを公開。

このパ・リーグのオリジナルコンテンツ第1弾として、2018年の9月1日から「パ・リーグ PLAYBACK(2012-2017)」が公開されている。2012年から2017年に渡る過去7年間のベスト10ゲームをPLAYBACK。全シーンの解説を千葉ロッテマリーンズのOB・里崎智也氏が担当しており、大記録達成の裏側や、要因、当時のエピソードなどが語られている。

選ばれた10シーンの中には、現在MLBで活躍中の選手や、NPBで今も主軸としてチームを牽引するあの選手により彩られてきた、劇的な試合や記憶に残る試合の模様が凝縮。約27分の「パ・リーグ PLAYBACK(2012-2017)」であっという間に機内での時間が過ぎ去るはずだ。


【上映路線】
国際線(B737エコノミークラスを除く)、国内線(ANA Wi-Fi Service、もしくは個人モニター装備機材に限る)
【上映月】
①9-10月(国際線一部路線及び国内線は10月のみ)
※第1弾はパ・リーグ PLAYBACK(2012-2017)を上映
②11-12月 (国際線一部路線及び国内線は12月のみ)
③2019年1-2月(国際線一部路線及び国内線は2月のみ)