「台湾の牛若丸」 台湾プロ野球・統一ライオンズ 陳傑憲選手に独占インタビュー

2018-09-14 12:29 「パ・リーグ インサイト」編集部

9月に入りシーズンも佳境を迎えるが、早くも「ストーブリーグ」に関するさまざまな話題も増えてくる。国内外の移籍に関する話題により、今年も盛り上がりが予想される中、海外からの移籍組として注目されるのが、台湾プロ野球(CPBL)のLamigoモンキーズ・王柏融選手だ。台湾球界が生んだスーパースターは、2年連続シーズン打率4割、台湾球界初のシーズン200安打達成など、さまざまな記録と実績を引っ提げ、来季からの日本球界移籍が見込まれている。

その王柏融選手と激しいリーグ最多安打争いを繰り広げている一人が、統一ライオンズの陳傑憲選手だ。陳傑憲選手は高校時代、日本の岡山共生高校に留学し、埼玉西武・呉念庭選手をチームメートに持ち、日本の「高校球児」として甲子園を目指していた。その後台湾へ戻り、台湾アマチュア野球の台湾電力に所属。プロ入り後は即座に台頭し、前述の通り台湾球界屈指の安打製造機として、そしてリーグ屈指のナイスガイとして台湾プロ野球を盛り上げている。

参考にしているのは「獅子つながり」のあの選手たち

―現在ホームランが昨年(3本)の2倍を超えました。打球を遠くに飛ばす力がついたのか、打撃のスタイルを変えたのか。どちらでしょうか?
(陳傑憲、以下陳)自分の力をさらに発揮するため、去年の秋季キャンプから計画的に体重を増やし、トレーニングコーチに協力してもらって体づくりをしました。そのおかげで、今シーズンはいい結果を出すことができています。

―安打数も現在リーグトップを争っています。「最多安打」は意識していますか?
(陳)現在の状態を保つことが大事です。先頭バッターとしてできるだけ打って塁に出て、次のバッターの動きで得点を取ることが大事だと思います。開幕から8試合欠場したにも関わらず現在リーグのトップにいられて、嬉しいです。これからもこの記録を保てるよう頑張りたいと思います。

―守備でのこだわりはありますか?
(陳)自分の守備はまだ良くはないと分かっています。なので、優秀な選手の守備を見習って、試合中にミスをしないように心がけています。

―打撃、守備において、それぞれ参考にしている選手は台湾国内外に誰かいますか?
(陳)打撃の部分は、埼玉西武の秋山翔吾選手が優秀だと感じます。彼のフォームを見て、自分に合う動きを模索していました。守備の部分は、同じく埼玉西武の源田壮亮選手です。彼はとても優秀な選手で、プレーにはすごく安心感があります。自分も彼のようなプレーを目指したいです。

―日本ではLamigoの王柏融選手が注目を浴びています。陳傑憲選手から見て、王柏融選手のすごいところはどこでしょうか?
(陳)彼は長打力があるだけでなく、ボールに対する対応能力も抜群です。広角に打ち分ける打撃力を持っている、万能な選手だと思われます。