千葉ロッテが2019年シーズン設置の新座席を発表「選手の白熱プレーをより間近に」

2018-09-14 12:44 「Full-Count」編集部

資料請求受付は9月15日より球団公式サイトで開始  

千葉ロッテは14日、2019年シーズンより設置される新座席の年間席価格を発表した。

一、三塁ダグアウト真後ろ上部に計100席設置される5人席のダグアウトボックス(5名席)は250万円(法人限定で販売)で、ダグアウトにいる選手が間近でチームと一体感を味わえるグループ席となっている。

一、三塁両サイドに合計344席設置されるサブマリン・シートは、最前列ペア2席での販売は2席で84万円、2列目以降は1席からの販売で1席37万円。よりグラウンドにせり出したエリアの席で、グラウンドを約1メートル掘って設置するため、今までになかったグラウンドレベルの目線から観戦可能となる(座席はテーブル付き)。

ライトとレフトに合計302席設置されるホームランラグーンは1名席20万円、4名席80万円、6名席120万円。外野席初のグラウンドにせり出した観客席で、選手と同じグラウンドの高さに位置し、まるで外野手になったかのような雰囲気で楽しめる。足元はグラウンドと同じ人工芝が敷かれており全席テーブル付きだ。

シーズンシート担当者は「いずれもこれまで踏み入れることのできなかったグラウンドレベルに隣接し、選手の白熱プレーをより間近に、ダイナミックに観戦可能となりました。この機会にぜひお買い求めいただければと考えております」とコメント。新座席設置作業は11月より開始。2019年2月末に完了し、3月のオープン戦より使用を開始する予定となっている。資料請求の受付は9月15日より球団公式サイトで開始。一般席販売分の値段設定は決まり次第、発表される。