北海道日本ハム、地震後初の本拠地開催で勝利 清宮が同点押し出し四球、鶴岡は2打点

2018-09-14 21:44 「Full-Count」編集部
北海道日本ハム対オリックスの試合結果

北海道日本ハム対オリックスの試合結果

ロドリゲスが6回1失点で2勝目、大田もタイムリー

北海道日本ハムは14日の本拠地オリックス戦に4-3で勝利した。北海道胆振東部地震後初めて本拠地に戻った一戦で快勝。先発のロドリゲスが6回3安打1失点と好投し2勝目。打線は鶴岡の2打点などで4点を奪った。

ロドリゲスは初回、中島にタイムリーを浴びて、先制点を献上。しかし、その後は5回まで無安打に抑える好投を見せた。すると、打線は2回に清宮の押し出し四球で同点とし、続く鶴岡のタイムリーで勝ち越した。

5回には大田、6回には再び鶴岡がタイムリーを放つと、投手陣は7回を浦野、8回を宮西が無失点に抑える。9回には石川直がロメロに2ランを浴びるも、1点差で逃げ切り。地震後初のホームゲームで勝利を飾った。