入団直後は倒れこみ、嘔吐することも。福浦選手が開花したきっかけ、気持ちの変化

2018-09-17 10:53 「パ・リーグ インサイト」マリーンズ球団広報 梶原紀章
1997安打目となる適時打を放つ千葉ロッテ・福浦選手

1997安打目となる適時打を放つ千葉ロッテ・福浦選手

1997安打目は貴重な先制タイムリーとなった。ZOZOマリンスタジアムのスタンドが超満員に膨れ上がった9月16日のイーグルス戦。ファンのお目当ては偉業達成を目前に控えている福浦和也内野手だった。2回。先頭の鈴木が右中間を割る二塁打で出塁し打席が回ってきた。

「(鈴木)大地が先頭打者としていい感じで出塁してくれた。だから積極的にいきたいと思っていた。走者をホームに返せるのが理想だけど、気持ちとして進塁打を打とうと打席に入った。右打ちの意識だね」

マウンドにはこれまで何度となく名勝負を繰り広げてきたイーグルスの岸がいた。初球は外角へのスライダー。バットを出さなかった。2球目。ライトスタンドから応援歌が響き渡り始めた中でストレートを狙う。インコース一杯に投じられた142キロのストレートを強振も空振りで2ストライクと追い込まれた。次は直球か変化球か。そして1球、ボール球を挟むのか。いろいろな状況が想定される中、長年の読みに迷いはなかった。

「相手が裏をかいて、もう1球、同じコースの同じ球で来る可能性を感じていた。だからこちらはインコース狙い。1球前は振り遅れたので、あそこはちょっと早めにタイミングをとって、振り切った。うまく反応することができたね。ラッキーだったよ」

143キロ。インコースへのストレートを迷いなくはじき返すと打球はライトの右で弾んだ。大声援に応えるような迷いなき打撃が安打を生んだ。二塁走者・鈴木大地がホームを踏む。スタンドではスタンディングオベーションが起こる。福浦コールが鳴りやまない。

この日は「福浦安打製造所創業25年祭」と題したイベントが開催

この日は現役25年目のベテランに対し敬意を表した「福浦安打製造所創業25年祭」と題したイベントが開催されていた。入場者先着2万人にはオリジナルTシャツとタオルの「25年祭セット」が配布された。1993年11月20日に行われたドラフト会議の最後の最後、7位で千葉ロッテマリーンズに指名をされ、ここまで歩んできた男の芸術的な一打に大観衆の誰もが心からの拍手をおくった。

「信じられないよ。こんなに長く野球をやっているなんてね。昔を知っている人の誰も思っていないと思う。そもそもオレが思っていない。最初は投手だしね」