オリックス、スカウト会議で高校生上位8人を再確認 「ランク付けは終わっている」

2018-09-19 14:30 「Full-Count」編集部
侍ジャパンU-18代表に選出されていた吉田輝星【写真:荒川祐史】

侍ジャパンU-18代表に選出されていた吉田輝星【写真:荒川祐史】

大阪桐蔭・根尾昂、藤原恭大、金足農業・吉田輝星ら8人が上位候補

オリックスは18日、大阪市内の球団事務所でスカウト会議を行った。前回同様に高校生の上位候補は変わらず大阪桐蔭・根尾昂、藤原恭大、金足農業・吉田輝星ら8人のまま。大学、社会人はリーグ戦、日本選手権の予選を終えてから最終チェックに入る予定。

この日は確認事項を話し合っただけで約30分で会議は終了した。長村球団本部長は「高校生のランク付けは甲子園で終わっている。宮崎(日本代表)での試合で木製の対応などを報告した。大学、社会人はまだ試合の最中なのでそこで最終チェックをします」と語った。

10月上旬に高校、大学、社会人を含めた上位指名候補の最終確認を行う。