埼玉西武・山川、平成生まれ初の50本塁打なるか。現在42本、残り14試合で8発

2018-09-19 15:30 「Full-Count」広尾晃
埼玉西武・山川穂高【写真:荒川祐史】

埼玉西武・山川穂高【写真:荒川祐史】

王貞治氏は3回、ローズとカブレラと落合は2回記録

9月18日の北海道日本ハム戦で、埼玉西武の山川穂高は5回に加藤から左越ソロホームランを放った。5戦5発、通算42号。埼玉西武の残り試合は「14」。久々に50本塁打の可能性が見えてきた。

山川が50本の大台に到達すれば、2013年の東京ヤクルト、バレンティン以来5年ぶりとなる。NPBで50本塁打を記録したのは、ここまで延べ14人しかいない。

1バレンティン(ヤクルト)60本/2013年(130試合439打数)
2王貞治(巨人)55本/1964年(140試合472打数)
2ローズ(近鉄)55本/2001年(140試合550打数)
2カブレラ(西武)55本/2002年(128試合447打数)
5バース(阪神)54本/1985年(126試合497打数)
6野村克也(南海)52本/1963年(150試合550打数)
6落合博満(ロッテ)52本/1985年(130試合460打数)
8小鶴誠(松竹)51本/1950年(130試合516打数)
8王貞治(巨人)51本/1973年(130試合428打数)
8ローズ(近鉄)51本/2003年(138試合508打数)
11王貞治(巨人)50本/1977年(130試合432打数)
11落合博満(ロッテ)50本/1986年(123試合417打数)
11松井秀喜(巨人)50本/2002年(140試合500打数)
11カブレラ(西武)50本/2003年(124試合457打数)

王貞治が3回、ローズとカブレラと落合が2回、50本塁打以上を記録している。