2000安打は“憧れる同い年”の前で…福浦選手が埼玉西武戦で達成したい理由

2018-09-20 13:24 「パ・リーグ インサイト」マリーンズ球団広報 梶原紀章

背番号「9」らしい一打で残り2本とした。ZOZOマリンスタジアムで行われた9月19日のホークス戦。スタンドの注目を一身に浴びた福浦選手は外角のストレートにバットを合わせると打球は三遊間の真ん中を抜けていった。この男の代名詞ともいえる流し打ちで決めた1998安打目。しかし左前への安打は本拠地で行った7月18日の東北楽天戦以来、約2カ月ぶりだった。

「反対方向への意識を持っていた。久々に反対方向に打つことができたね」

0対0で迎えた2回2死1塁の場面。ホークス先発の松本裕投手と対峙した。外、外、内、内と攻められて迎えたカウント2-2。外角への140キロのストレートを打ち返した。見逃せばボールだったが、そこは流し打ち可能な領域として狙っていたゾーンでもあった。計算通りにおっつけると打球は広く空いていた三遊間の間を抜けていった。

「気持ちだよ。気持ち。あそこはもう一度、強く意識して打席に入っていた。インコースにも2球、投げられていたけど、どちらもたぶん逆球。基本的に外を攻められているという感覚があったので外への意識を持って待っていた。外のボールは流す方がヒットになる確率が上がると思っていた」

体と心の感覚を微修正して打ち返した打球だった。左方向への流し打ちはこの2カ月、打球が上がりフライになるケースが目立った。いい当たりもライナー性となりアウトとなっていた。スイングを見つめ返し、打撃映像を見直し、反省を繰り返した。言葉には表せない独特の感覚を頼りに日々、微修正を繰り返し、久々の一打につなげた。25年間で培った財産が生きた流し打ちだ。

忘れがたい二軍の初安打

今でこそ意識して打つ一打も25年前はただガムシャラに打ち返すだけだった。1年目に投手から野手に転向。初の実戦はすぐに訪れた。94年7月23日、土曜日。ロッテ浦和球場でのイースタン・リーグ対横浜戦(現横浜DeNA)。それが福浦にとっての初の公式戦出場となった。数日前まで投手だった細身の選手の出番はなかなか訪れなかった。試合が終わろうとしたら9回1死1塁。古川慎一に代わる代打を告げられた。マウンドには友利結。必死に振った。ボールに食らいついたが、結果は浅いレフトフライに終わる。こうして野手としてのデビュー戦は終わった。

その後は、一から鍛え直すという首脳陣の判断の下、10月までに出場した試合は5試合、6打席のみ。安打は生まれず、打点は併殺崩れの1打点のみ。出塁も四球が一つのみ。投手から転向したばかり。プロ野球は二軍とはいえ、甘くはなかった。

「とにかく練習をした。させられたというのが正しいけどね。あの時は本当にバットを振ったなあ」

本人が振り返るように練習の日々が始まった。チーム全体練習前に朝練の特打。試合後も特守に特打。寮に戻ってもバットを振った。遠征先での試合を終えヘトヘトとなり疲れて寮に戻ってきた際も室内で特打を命じられた。野手としての遅れは歴然。少しでも一人前になるべく、とにかくバットを振って、ノックを受けた。

1年目のイースタン・リーグ最終戦となった10月8日。忘れもしないベイスターズ球場での横浜戦。マウンドには初打席の対戦と同じく友利。ストレートに振り遅れないように、早めにバットを始動させると打球は右中間を抜けていく二塁打となった。一軍の華やかな舞台で放った1998安打のすべてが思い出深いものだが、ほとんど観衆がいない中で記録した1998本にはカウントされない二軍での1本も忘れがたい。確かに、なにか打者としての一歩目を踏み出せた気がしたそんな安打だった。

ちなみにプロ初本塁打は翌95年7月30日、イースタン・リーグのヤクルト戦(ロッテ浦和)。先発・荒木大輔の変化球を打った。本人いわく「スライダーか、カーブ。ギリギリの当たり。当時は浦和球場には外野にフェンスがなくてね。ライトをちょっと超えたところにポトリと入った。フェンスがあったら、どうだったか分からない感じの当たり」。この2年はレン・サカタ二軍監督の方針で若手が積極的に起用された。76試合に出場して打率.263、5本塁打、23打点。二軍ながら、野手としての成績は形になってきた。

福浦選手が憧れたスーパースターとは…

必死の日々を過ごしていた福浦が注目していた男がいる。同い年のライオンズ松井稼頭央選手は1年目にイースタンで90試合に出場し83安打を放っていた。2年目には一軍で69試合に出場し本塁打も記録。ライオンズのスター選手候補として疾走を始めていた。同期入団の中で特別な存在。憧れのスーパースターであった。

「稼頭央は凄いよ。本当に遠い存在。見ていて打球も違ったし体格も違った。それが今はお互い野手最年長としてプレーをしている。励みになるよね。明日からはライオンズ戦。いいところを見せることができるように頑張るだけだよ」

2000安打まで残り2本とした。そして9月20日からはZOZOマリンスタジアムでのライオンズ戦を迎える。一軍登録こそされてはいないもののずっと追いかけてきた松井稼頭央選手もチームに帯同中。気づけば四半世紀。プロの舞台でバットを振り続けてきた同い年の男同士にしか分からない想いがある。だから、その目の前で安打を奏でる。偉業達成の夢をかなえてみせる。