軸となりつつある、若獅子左腕。埼玉西武・菊池投手、覚醒の時?

2016-06-01 00:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

勢いがついてきた。埼玉西武先発の菊池投手が7回無失点で5勝目。5月18日、25日に続き3連勝で自身の成績も5勝5敗の五分とした。今季完封勝利はないが、この3試合で20回連続無失点と安定感を発揮している。

7回2死1,3塁、エリアン選手に渾身の153キロ直球。この日11個目の三振を奪い、御役御免となった。味方打線が6回にメヒア選手の適時打と、浅村のド派手な満塁弾で強力援護。相手先発の石田投手と緊迫した投手戦を展開していた左腕も「必ず打ってくれると信じていたので、気持ちを出して投げていた」と振り返り、得点が入るたびに何度もベンチでガッツポーズを作った。

2010年に6球団からの1位指名を受け、指名権を得た埼玉西武に入団。素質、実力は誰もが認めるところで、一軍での活躍の場はたびたびあるものの、菊池投手にとってここまで壁となっているのが「2桁勝利」だ。2013年、15年に記録した9勝が最高。「いつもいつも10勝と言って、9勝が2回。10勝を通過点にできればいい」。開幕前にこう意気込み、15勝を目標に掲げた。そんな左腕に田邊監督も大きな期待を込め、初の開幕投手へ指名。4月はなかなか勝ち星に恵まれなかったが、ここまで先発ローテーションを守り、この日、ついに白星が追いついた。「最近の雄星は落ち着いている。バタつくことがない。冷静にできている」と、指揮官の信頼感も強まるばかりだ。

試合前にはもうひとつ朗報が、チームに舞い込んだ。右足内転筋痛で離脱中の岸投手が横浜DeNAとの二軍戦で3回無失点。4月24日以来のマウンドで結果を残し、一軍復帰へ光を見出した。主砲の中村選手、メヒア選手、栗山選手と、打撃陣は好成績を残しているものの、ここまで順位は4位と低迷。だが岸投手、菊池投手の左右の柱がしっかり機能すれば、今後の浮上は十分ある。

この日のお立ち台では選手の名前入りタオルを持っていたファンを見渡し「女性ファンの方に、圧倒的に(自分のタオルを)買っている方が少ないんで…買ってください」と話し、笑いを誘った。もちろんそれも自身の活躍次第。波に乗り始めた菊池投手が、チームを上昇気流に乗せる。