指揮官の徹底した姿勢。22度目のリーグ制覇はこうして生まれた

2018-10-01 11:00 氏原英明
10年ぶりの優勝を決めた埼玉西武ライオンズ(写真提供:Seibu Lions)

10年ぶりの優勝を決めた埼玉西武ライオンズ(写真提供:Seibu Lions)

 驚きを隠さない指揮官の言葉に今季の埼玉西武の強さを感じずにいられなかった。

「盗塁死4つだよ。普通は怖くて行けない。俺なら1回アウトになったらいかない。それでも行けるところが、選手たちのすごさだと思うよ」

 9月15日から始まった福岡ソフトバンクとの天王山第1ラウンド最終戦。指揮官も想定以上の3連勝で締めくくった17日の試合後、辻発彦監督は勝利に酔いしれるとともに、選手たちの勇敢な姿に感服していた。

 この試合は初回に1死満塁から栗山巧選手がセンターバックスクリーンへ満塁弾を放って、ゲームの主導権を握った。すぐに1点を返されて膠着状態が続いたが、7回裏、6番の中村剛也選手が追いすがる福岡ソフトバンクを突き放す3点本塁打を右翼スタンドにぶち込み試合を決めた。

攻め方に拙さがあっても指揮官は…

 ベテラン2人による豪快な2発で試合は決まったのだが、それ以外のイニングでの攻め方に拙さがあったのもまた事実だった。

 それは2回裏のことだった。

 1死から内野安打で出塁した金子侑司選手が1番・秋山翔吾選手への3球目に盗塁を試みるも失敗。秋山選手が粘って四球を選ぶも、2番・源田壮亮選手の打席で秋山選手も盗塁失敗。3回裏には、先頭で出塁した2番・源田壮亮選手も盗塁に失敗した。

 イニングをまたいで3人連続の盗塁死。これだけでも十分な珍事だったが、それでも懲りずに6回裏、金子侑司選手が盗塁死したのだ。攻撃の勢いを削いでしまってもおかしくなかった。

「(4盗塁死は)ベンチ側としては反省しないといけない所はあるよ、『行くな』と言えばいい。でも、選手たちは考えながらやっていて、行けると思ったから盗塁して結果アウトになっただけだから。そういう彼たちの思い切りは失くしたくない。前向きなのはいいじゃないですか」

 今季の優勝を飾ったチームにあって、辻監督のこうした方針は、随所に垣間見えた。心底では別の攻撃プランを描いていたとしても、選手が選んだプレーをとがめない。