千葉ロッテ金澤「絶対泣かない」と笑顔で現役生活に幕 「よく16年もできたな」

2018-10-04 22:52 「Full-Count」細野能功
4日の埼玉西武戦に出場した千葉ロッテ・金澤岳※写真提供:Full-Count(画像提供:(C)PLM)

4日の埼玉西武戦に出場した千葉ロッテ・金澤岳※写真提供:Full-Count(画像提供:(C)PLM)

現役最終打席は空振り三振「やっぱり1軍は凄い」

■埼玉西武 6-3 千葉ロッテ(4日・ZOZOマリン)

 千葉ロッテ金澤岳捕手が4日の埼玉西武戦(ZOZOマリン)で16年間のプロ生活に別れを告げた。

 9月27日に今季限りの引退が発表されたが、1日だけ今季初めて1軍登録された。始球式では愛娘とマウンドに登場して拍手を浴び、6回は田村の代打で登場。左飛に終わると、7回からマスクをかぶり西野、唐川を好リードした。

 8回の現役最終打席はマーティンのチェンジアップに空振り三振も、大きな拍手。井口監督から花束が渡され、試合後はホームベース付近でナインから5回胴上げされた。

 2002年のドラフト6位で矢板中央高校から千葉ロッテに入団。千葉ロッテ一筋で、2008年に1軍初昇格。2013年には里崎智也捕手のケガで初の開幕マスクをかぶり、2014年には96試合に出場、打率も.299まで上げた。7月27日の埼玉西武戦ではプロ12年目、通算300打席で右翼に初ホーマーを放ち、これがプロ生活唯一のアーチになった。

「よく16年もできたなと思う。毎日、毎日の積み重ねで、支えもあった。1年目でプロの世界は厳しい、無理だと思った。でも腐ったら終わりと言われ、自分のできることをやって、積み重ねてきた。結果は伴っていないが、ここまでやらせてもらって幸せだった」と金澤。「やっぱり1軍は凄い。雰囲気が違う。ここ何年か忘れていた。ピッチャーのいいところだけを引き出したい。それだけを考えて受けた」と金澤。「絶対泣かない。笑って終わります」の言葉通り、笑顔で幕を引いた。